今だけ!アメリカンウェアの魅力

日本の子供服の柔らかい色合いと違って、アメリカの子供服っておもちゃ箱の中身みたいに鮮やか!
実は、動きやすさや汗の吸い取りやすさを重視していて
縫製もしっかりしているからとってもおすすめなんです。

Part2の今回は、最近人気急上昇の3ブランドをご紹介!
サイズ展開についても説明します。
Part1ではBaby用も揃う定番ブランドを紹介していますので併せてチェック♪

サンフランシスコ発祥「GYMBOREE」

ヴィヴィットカラー×クラシカルなんて反則!お出かけ着なら絶対コレ!
華やかなのに上品なデザインで人気の「GYMBOREE」。

gymboree

2006年には幼児プログラムが日本に上陸して東京・横浜・北海道の4か所に教室を展開しています!
子育てに色々な方面から取り組んでいて素敵なメーカーです。

普段使いには少しお高めなお洋服は、まだ日本未上陸。
でも幼児プログラム上陸を皮切りに、国内店舗を手掛ける日もそう遠くないかも・・・?
ちなみに私も子供にイチゴ柄の女優帽を買いましたが、もう頭が入らないのにかわいすぎて手放すことができません。どうしても。(笑)

gymboreeboy

こちらもやはり虫・・・男の子らしいですね!(笑)
ユニークなTシャツはアメリカの定番なんでしょうか。
GYMBOREEにもサメがたくさんありましたが割愛。

≪出典&参照: GYMBOREE 公式HP

2007年設立新ブランド「crazy8」

crazy8

こちらのブランドは先程紹介した「GYMBOREE」の姉妹ブランド!
「GYMBOREE」との違いは、リーズナブルなお値段と普段使いしやすいデザインが多めなところ。
こちらもヴィヴィットカラーでPOPなデザインです。最高です。

crazy8BOY

息子がこんなシャレオツな服きたら、母は子離れできません。

≪出典&参照: crazy8 公式HP

大人顔負け「J.crew」

J.crew

私でも、もう少し若かったら着たいくらいのデザインが
そのままそっくり小さなサイズに!

オバマ大統領のご家族も愛用されてるという噂を耳にします。
(本当のところはわかりませんが)

鮮やかだけど”がちゃがちゃ”していない、飽きの来ないデザインは
日本のお洋服やデニムと合わせられるのでおすすめです。

J.crew_boy

男の子用ではダースベーダーが気になります。(しかも、暗い所で光るデザインとはさすが!)
毎日がパーティー気分。
ここまでくると、虫もサメも見慣れてきます。

こちらのサイトは英文表記しかないのですが、価格は日本円表記もありますので
意外と簡単に購入できますよ。

≪出典&参照: J.CREW 公式HP

サイズは?

今回ご紹介したお洋服はどれも、日本未上陸。
セレクトショップで見つける以外、公式サイトから通信販売で購入するしかありません。
試してみると意外と簡単なのですが、注意したいのがそのサイズ。
概ね以下のように分類できると思います。

Baby ・・・ 0~2歳
Toddler ・・・ 2~4歳
Kids ・・・ 5歳~

たとえ大きかったとしても、お子さんもそのうち成長しますし!
是非一度、お試ししてみてくださいね。