適度にお付き合いを

hiyaketaisaku

出典: http://www.babytown.jp/scene/eisei/advice/002/index.html

紫外線を浴びすぎることで、免疫力の低下や皮膚ガンの原因になることがわかってきて、最近は赤ちゃんのうちから紫外線対策をとる方が増えてきました。
一方で、日光にあたることでビタミンDが生成されます。ビタミンDはカルシウムを骨に取り込むときに大切な要素なので成長には欠かせません。食物から摂取する場合は魚や卵を食べることになりますが、魚嫌いや卵アレルギーが心配な子どもの場合は摂取量が減ってしまいます。
日焼け対策をしつつも、適度に日光を浴びることも必要です。
部屋に閉じこもるのではなく、上手に対策しながらお出かけできるよう、おすすめグッズを集めてみました。

ベビーカーでの日よけ

地面との距離が近いところにいる赤ちゃんは、アスファルトなどの照り返しによって大人以上に体感温度が高いことも!
日よけと暑さを対策してあげたいですね。

おでかけファン

hiyaketaisaku1

汗をたくさんかいたことによる不快感はぐずりの原因や、せっかく塗った日焼け止めを落としてしまうことも。
小さなファンを使えば、心地よい風で暑さから守ってあげられます。

冷んやりベビーカーUVケット

sunblind_4

赤ちゃんの肌を紫外線から守ってくれ、なおかつひんやり。
せっかくお昼寝していたのに、暑くなって起きてしまう・・・なんてことなく、気持ちよく眠り続けられるのも人気の秘密です。

車の中の日よけ

日よけカーテン

hiyaketaisaku2

後部座席にクーラーがついていない場合も便利!
お出かけ前に取り付けておけば、日差しによる車内温度の上昇を防げます。
車の中でのちょっとしたお着換えのときのも使えますよね。
吸盤で簡単に取り外しできるので、車にいくつか用意しておくと良いかもしれません。

日焼け止め

ピジョンUVベビーウォーターミルク

hiyaketaisaku4

たっぷり大容量の60g。さらさらのびて使いやすいことが人気の秘訣。
紫外線が当たりだしてから日焼けしてしまうまでの時間を遅らせることのできるSPFの数値は低いけれど、何度も塗り直して使えば効果は長持ち。
ユーザーからも「敏感肌でも大丈夫」「石けんで落ちるから安心」「ぬりやすい」といった高評価の声が上がっています。

上記の商品は全国の西松屋なオンラインショッピングでお取り扱いがあるようです。
日よけ対策をしながら、子どもと思いっきり外遊びをたのしんでくださいね。

出典: 西松屋HP http://www.24028.jp/special/odekake-2016/sunblind