≪主張≫
仕事終わりにスーパーへ寄ると必ず遭遇するおばさん。
実はそのおばさんは、お店に対して無理な要望ばかり押し付ける、「迷惑おばさん」なんですが、お店側にも問題があるような気がするんです。

今回の”怒りの声”は、迷惑行為を繰り返すおばさんと、いつまでも丁重に対応し続ける店員さんに対するもの。
ありがちなクレーマー問題について、以下の主張を見ていきましょう。
(モノモウスの住人、「嘆きの美女」による合いの手と共にお送りします)

さらなる値引き要求

pixta_22791753_S

タイムセールに現れると、すでに安くなっているにも関わらず「これ何時になったらもっと値引きになるの?もし閉店間際なら、またその時間に来るからこれ取っておいてくれない?他のお客さんにとられないようにお店の方でしっかり管理しておいてよ」と理不尽な要求をします。
お店側はやんわりと対応して丁重にお断りをしていますが、おばさんが去った後は店員さん同士の愚痴が聞こえてきます。

”タイムセール”本末転倒ですよね。

中身変えてよ

お刺身の3点盛りを手にしてずっと中身を見るおばさん。
そして「ちょっと。このお刺身の中身のイカなんだけど変えて貰えない?ウチの旦那イカが大嫌いでサーモンが大好きだからサーモンに変えてよ」と店員さんを困らせます。
店員さんはここでも「3点盛りの中身は会社全体で決まっている事ですので変える事が出来ないのです。もしイカがお嫌いでしたら、サーモンの単品のお刺身はいかがでしょか」と丁寧に答えてあげます。
しかし「この中に入っているマグロも食べたいのよ。でもマグロとサーモンの単品買ったら高くなっちゃうじゃない。だから中身変えてってお願いしてるの。いつもこのお店でいっぱい買ってるんだからお願い聞いてよ」と自己中にも程があるような言い訳をしていました。
店員さんは「規則ですので・・」とタジタジになりながら断っていました。

あれも食べたい、これも食べたい、に応えた商品が盛り合わせなんですけどね。
しかしお店には厳しいのに、旦那さんには優しいんですね。

加工してよ

スーパーマーケットイメージ

じっと、ひき肉コーナーを見つめるおばさん、値引きになるのを待っているのかなと思っていましたが、そんな事ではありませんでした。
値引きされているブロック肉を手に取り、店員さんに「これひき肉にしてくれる?」と言いだしたのです。
「それはできかねますので・・・」と、ひき肉売り場を案内されたおばさんは「だってひき肉値引きされてないじゃない。だから値引きされているこのブロック肉を買うからひき肉にしてってお願いしてるの。買うんだから同じ事じゃない」と言っていました。
店員さんの丁重なお断りに対し、「お客が欲しい物に対応するのが客商売なんじゃないの?どうせ私が買わなきゃ賞味期限が切れて廃棄になるんだから。そんなの勿体無いじゃん。だから私が買ってあげるの。だからひき肉にしてちょうだい」と言い掛かりのような事ばかり言っていました。

出ました。クレーマーの秘技。
「買ってあげてる」理論。自分が必要とするものを買いにきておいて、買ってあげるという認識はズレているように感じます。

お店側の責任

eaa1ebb43b5a2401ebd0b04123262bda_s

いくら毎日買い物に来るお客さんの一人だからと言って迷惑な行為ひとつひとつに紳士な対応をしているお店にも問題があるんじゃないのかと思いました。
お店がもっと強く言えばもうこのおばさんは来ないと思いますが、他のお客さんや店員さんは救われると思います。
恐るべし迷惑おばさん。

この問題、こちらのスーパーに限らず日本各地で起きているような気がします。
“お客様は神様”のようなこの文化。飲食業や販売員などの接客業が全体として下に見られている風潮ってどうなんでしょうね。
病院でも学校でも、患者や保護者の要求の度が過ぎていることが問題になっています。

サービスは無料じゃない

こういう迷惑行為を繰り返したり、クレーマーになる人々の根底には「サービスは無料で、分け隔てなく提供されるべきだ」という誤解があるのではないでしょうか?
たしかに日本では、不愛想にしたりぶっきらぼうにしたりする商売人は少ないですよね。
ですが言わずもがな、心がけて行っていること。その裏には教育や訓練があったり、あくまでも付加価値として提供しているものなはず。
店や場所によって受けられるサービスに違いがあるのは当然です。

普通の人が損をする社会

人々

クレーマーへの行き過ぎた対処はやがて、“声を上げた者勝ち“という社会を作りだします。
学校でも「目立つ」存在にばかり目をかけて、その他大勢の「普通にできている」人たちが放ったらかしになっていること、ありませんか?理不尽な要求をする親の子どもばかり目をかけられていたら。それを見た他の親が声を上げる、悪循環になっているという話を耳にします。
会社でも、ここのスーパーだってそう。一部に気をとられているせいで、「普通の」人がまるで損をしているような状況を生み出すのです。

小さなことからコツコツと、になりますが・・・
ドアに掲げる「迷惑行為おことわり」カードができて、普及すればいいと思うのは、私だけでしょうか。