番組

「ボクらの時代」はフジテレビにて放送の、様々なジャンルで活躍する3人が集って、多彩な話題や事象を取り上げていくトーク番組。
4/17放送回では天才子役と称される、加藤清史郎くん・芦田愛菜ちゃん・寺田心くんが出演し、お芝居のことや恋愛、家庭のルールなど、様々なことを語り合いました。

寺田家のルール「思いやり」

寺田心”鬼からでんわ”

引用: 所属事務所 JobbyKids公式HP

親は決して厳しくはないけれど、「思いやりを持つこと」が家庭内のルールという心くん。

・おじいさんがいたら、優しくする、ゆずってあげる
・自分がされたらイヤなことは、言わない。しない!

基本だからこそ、こうしてちゃんと教え続けることが大切なんだな、と感じさせられました。

約束を守らないと鬼から電話が!

「言うこと聞かないと、鬼さんから電話がかかってくるの」と心くん。
鬼から電話の存在を知らない清史郎くんと愛菜ちゃんのために、鬼から電話の赤鬼のセリフを再現してくれました。
「もしもし?赤鬼です。」
「言うこときかないと、鍋に入れて食べちゃうぞ~!」
と本物の赤鬼も顔負けの迫力は、さすが天才子役です。
セリフもほぼ完ぺきに覚えてくれていたので、寺田家では愛用してくれているみたいですね。

なんか、そういうアプリとかあるんです

でも、どうして鬼から電話がかかってくるんだ?と疑問を抱いた清史郎くんに、心くんが一言。
「なんか、そういうアプリとかあるんです」
これには清史郎くんも大爆笑。「お母さん、バレてますよ~」とツッコミを入れていました。
知ってましたか・・・バレてましたか、心くん。

怒られてるんじゃなくって、教えられてるんだって思う

このエピソードには、「心くんでも怒られることあるんだね」と共演者2人に驚かれていました。
撮影現場で監督さんから、家ではお母さんから怒られることもあるという心くんですが、「怒られてるんじゃなくって、教えられてるんだ」って思うそうです。
未就学児や小学校低学年のお子さんが、こんなふうに感じるのはよっぽど稀なケースだとは思いますが、子どもがもっと大きくなったときに、大切なことを教えるために、お母さんは色々がんばってくれていたんだな、と思ってもらえる日がきっと訪れます。

言うこと聞かないと鬼から電話かかってきたな~と、子供たちの思い出の1つになるとうれしいです。
鬼だけでなく、「ちっちゃいおっさん」とのコラボ企画など、楽しいコンテンツもありますので、親子でのコミュニケーションツールに利用してみてくださいね。