3人の子供の子育て中だけど、旦那が1番手の焼ける子供に見えてならない。
これってウチの旦那だけ?賛同のため息を誘う、ドタバタ育児実体験をご紹介。
書籍やLINEスタンプのイラストを手掛け、自身も4人のお子さんを育てるママイラストレーター、にゃほこさんの画と共にお届けします。

お片づけ

最近、我が家は子供の成長とともに家が散らかり、掃除してもすぐに汚くなってしまうのが悩み。

先日は夫婦でこんな言い争いが・・・。

「パパ、少しは手伝ってよ!」
「まぁ、そんなに怒るなよ?子供が元気な証拠で良いじゃないかー!
あとは後片付けを楽しくできるように訓練すれば良いんじゃない??」

「何を偉そうに!!そんな簡単にできるんならやってみなさいよー」
「手本を見せてやるか!」

ということで「お片付け指導」を旦那に任せてみることにしました。

「おーい、諸君!後片付けをしようね~」
「やだ!めんどくさーい!」

「面倒くさくないよ?良いか、まずは大事なものといらないものを分けよう!大事なものはどこにしまう??」

「うーんどうしよっかなー」

ごそごそ・・・
何やらカバンにしまっている様子。
旦那のおかげか、子供たちは大事なものはカバンにしまう癖がついたみたい!!
これは成功か!!

数日後。。。
しかしまた散らかってます。
だから、そう簡単にはいかないんだってば。

そう来たか。
お手伝いするとお駄賃がもらえる制度ね。
そんなに簡単に行くかしら。

3日後。
確かに部屋はキレイに保たれています。
お駄賃効果?ちゃんと習慣づいてくれたらいいんだけど・・・

その夜。
落ち込んだ様子で帰宅した旦那。
一体何があったのか問いただしてみると・・・

「それがさぁ、今日は大事なプレゼンだったんだけど、書類の中にこれが挟まってて、気づかずお客さんに出してしまって・・・大恥かいたよ~」

旦那のカバンから出てきたのはなんと
夫婦喧嘩の絵!しかも私の頭にはツノが!!

「あーあ、失敗したなー。とほほ。」

お金で釣ろうとしたツケが回ってきたのよ!
それにしても、よりによってこんな絵が会社に持って行かれるだなんて。
私のほうが恥かしいじゃない。
鬼嫁扱いされるわね・・・

夫婦共々、反省した出来事でした。