3人の子供の子育て中だけど、旦那が1番手の焼ける子供に見えてならない。
これってウチの旦那だけ?賛同のため息を誘う、ドタバタ育児実体験をご紹介。
書籍やLINEスタンプのイラストを手掛け、自身も4人のお子さんを育てるママイラストレーター、にゃほこさんの画と共にお届けします。

今日は旦那が夕飯作りをしてくれることに!

sパパ「今日はパパが夕飯を作ってあげるよ!張り切る旦那、喜ぶ子ども」

めったにないことに、私はもちろん、大喜びの子どもたち。
ちょっと心配だけど、作ってくれるだけでうれしいもの。思い切ってお任せしちゃおう!

待つこと1時間。。。
漂ってきたいい匂いに家族みんなで期待大!

「今日はパパ自慢のフルコースです」 なんて言っちゃって。
まずはサラダと春巻きが出てきました。
普段は野菜嫌いな娘たちも、パパが作ってくれたと喜んで、一生懸命食べています。

そしてメインはカレーライス!
大好物を目の前に目を輝かせる娘たち。ジャガイモやお肉が少し大きくておおざっぱだけど、そんなところがまた愛嬌があっていいのよね。
「いただきま~す!」娘たちの喜んだ声を聞き、旦那が頼もしいと思ったその瞬間。

カレーを食べて「からーい」と泣きわめく娘2人

なんと超辛口カレー!
しかも私が食べても辛いくらいで、子どもは大泣き!
「味見したときに気付いてよ!」
「いや、おいしかったから・・・」

子をおぶってフライパンをふる私、泣いた娘に謝る旦那

結局、晩ご飯を作り直すはめに。
男の人って、言わなきゃわかんないのよね~・・・

(※その後カレーは、3日連続旦那が1人でおいしく食べました。)