日に日に成長する我が子。他人からすれば些細な出来事や一言のひとつひとつが、ママの励みになったり、時には傷つく刃になったりしますよね。
2人の娘さんの成長を日々の出来事を通して優しく見守る育児漫画ブログ「ナコとムスメらあとダンナ」より、今回は「 子供が小学生になるという事 -ゆかり6才」をご紹介します。
なお、全4回に渡ってお届けしたナコさんのブログですが、mamapoでのご紹介は今回が最終回です。

小学校に上がったゆかりちゃんはどうなったのー!?すみませんが、公式ブログを覗いてみてください。mamapo編集部も、小学校でのお話をご紹介できる日を夢みて・・・最終回をお届けします。

子供が小学生になるという事 -ゆかり6才

どうも、ナコです。
確定申告は無事終わりました。
こんなギリギリになったのは初めてかも~(*´Д`)

前回の「園は3月末まで通えて、4月から児童クラブ(学童)」 という件ですが
入学まで保育園通えるところもあると聞きました。ナルホド~。
園によって違うみたいなので、各自ご確認くださいませ。

さて。
今回も、今さら気づくんかいというお話デス。
本日は8コマ+4コマでお送りします。

o0500071813592924600o0500066213592924601o0500064813592924603o0500073613592924602

ワタクシ、油断しておりました。

待機児童の多い仙台市で運よく保育園に入れて、
(保育園に入れる前は本当に辛くて…、それは機会があったらまた別に書きます)

保護者会の役員もやったことがありましたが
うちの子の園では保護者会関係の連絡は基本メール、
活動や会議は土日や仕事後、しかもその間は園の保育士さんが子供を見てくれて
全体会議は年に1~2回、仕事で行かれなくなっても誰も不満に思わない。

保育園にはもちろん日頃から感謝していましたけれど、
なんとなんと恵まれていた事でしょうか。

日々に追われてよく考えてなくって
これまで通りの感じではやってけないってことに
ついつい最近気が付いた私はアホなのか。(そう)

o0500153713592924740-325x1000

実は、保育園でのママ友って、
元々の知り合い以外はほぼいませんでした。

送迎の時間帯が一緒とか、懇談会とかで顔は知ってるけれど、
基本的に皆が常に急いでいるので
交流する機会などほぼ無かったのです。

長女・ゆかりが卒園するにあたって初めて、
同じ小学校に行く子や子供どうしが特に仲のいい子のママたちと連絡先を交換しました。

ただ、↑のオマケはホントにあった会話をメモ的に書いただけで
フルタイム勤め人ワーママの大変さは私には理解できていないと思います。
トータルの仕事時間は置いておくとしても、やっぱりフリーランスだもの。
もちろん自分の都合じゃどうにも動かせない予定もいくつかはあるけれど
自分さえ無理をすればたいていは済むのだからストレスは少ない。

念のため書いておくと、
私は別に共働きの親御さんや、これから働こうかなと思っている主婦や主夫の方を脅したいわけではございません。
あと、働いてる人だけが大変と言いたいわけでも無いデス。
シュフの人だって、万障繰り合わせてこれらの活動をやっているし
働いてる人のために負担を背負うのはフェアじゃないと思う。だって自分の子供のための活動だもの。
分担せねば。

ただ私がアホでどれぐらい自分の環境が変わるか気づいていなくて
「やっばー甘かったあ~」
と思ったので、書いておこうかなって感じデス。

それでは今回のところは、この辺で~。

「ナコとムスメらあとダンナ ~姉妹子育てエッセイ漫画~」

ナコさんのブログはこちらからみることができます。
http://ameblo.jp/nacomusud