胃弱とり雑炊の材料(1人分)

とりのササミ 胃に尋ねてみましょう
昨日のごはん 1膳
1個
青ネギ 彩りに10cmほど
昆布 1カット
土鍋8分目
低塩だし醤油 お好みで
鶏がらスープの素 小2
塩・コショー 少々

胃弱とり雑炊の作り方

1
昨日のごはんを洗う。(冷凍でも可。)
粘り気がとれたらOK。
ザルに詰まった米粒を気にし始めると胃痛のもとなので、ササッと洗いましょう。
2
土鍋8分目まで水を注ぎ、昆布を入れて沸騰させる。
沸騰して3分経ったら昆布をとりだす。
3
沸騰したら、[1]のごはんと、ササミ、鶏がらスープ・だし醤油を投入。
フタをして弱火で5分コトコト。
お疲れ気味の方はタイマーを忘れずに。
4
火を見つめていると悲しくなってくるので、その間に彩り用の小ねぎをカット。
小口切りに。
涙はきっと、ねぎのせいです。

5
5分経ったらフタを開け、塩・コショーで味を調えて。
強火にしてから溶き卵を加え、ねぎを散らす。
お好みで紅ショウガなんかも。
6
できあがり!
子どもの寝顔を想像しながら、明るい部屋で食べてください。
※出来上がりはイメージです。