おもちゃのお医者さん

omocha

出典: 日本おもちゃ病院協会 公式HP

「日本おもちゃ病院協会」をご存知ですか?
こわれたおもちゃを原則無料で修理し、新しい生命を与えることに価値を見出し、生きがいを感じているボランティアグループです。
「おもちゃ病院」の普及と、おもちゃを修理する方々の養成や技術向上の支援を行う協会で、所属する“おもちゃドクター”は1,325名(2016年1月時点)!
全国各地でおもちゃ病院の活動を行っています。

修理は原則無料!

omocha3

あくまで“おもちゃに新しい命を与えることを生きがい”にしているボランティアグループなので修理費用は無料!
その代わり、交換が必要になった電池や部品代のみ、依頼者が負担することとなります。

おもちゃを診てもらおう

omocha2

公式サイトによると、上記のおもちゃ以外の物ならすべて受付が可能です。
ぬいぐるみやお人形、チョロQ、ラジコン・・・どんな仕組みのおもちゃでも、おもちゃドクターは受付けてくれます。
受付時には問診される項目があるので、おもちゃを持参する前に、いくつか確認しておくことが必要です。

・いつから、どんな時に動きがおかしくなったのか
・正常の動きはどんな動きなのか
・説明書、外箱
・取れてしまったパーツ、破片

また、代替部品が高額な場合や、どうしても治らない、寿命の尽きてしまったという場合もあるとは思いますが、利用者の方の声を伺うと大抵のおもちゃが元気になってくれるようでした。

大切にしたい

omocha4

大量生産されたおもちゃ、現在ではいくらでも安く購入することができますよね。
治す手間考えたら、また新しい物を・・・と考えていた方も、おもちゃの病院を利用してずっと長く使うことができたらいいなと思います。
おもちゃの病院では、簡単な修理であれば目の前で治してくれることもあるようです。
子どもにとっても、とてもいい経験になるはず。
全国で活動中の「おもちゃ病院」是非、ご利用ください。

【詳細】
全国のおもちゃ病院を検索する方はこちら →「全国の病院リスト」 (同協会公式HPより)
※リンク先の掲載TEL番号は、おもちゃドクターの自宅の番号です。おもちゃ病院に関するお問い合わせである旨をまずお伝えください。