あなたの夢は、何ですか?

いつから夢を持つことがなくなったんだろう?
いつか世界を旅してみたい。いつか○○をやってみたい。
先生になりたかった。歌手になりたかった。
・・・どうして、今じゃダメなの?

ここで紹介する相談室は、
いつの間にか夢を持つことを諦めている私たちに、そんな問いかけをして、考えるきっかけを与えてくれます。

不思議な相談室

Dreamagai06301501

ここは、毎日時間や仕事に追われ、忙しく頑張る女性のお悩み相談室。
相談者の女性はみんな、少し変わった質問に戸惑います。
脈絡もなく飛び出してくる質問に、突拍子もない無茶振り。
しかし一見不思議なようで、核心をついた言葉の数々に相談者は次第に心を開いていきます。

子どもの頃の夢は何ですか?

カウンセラーはまず、子どもの頃の夢を聞き出します。
すると女性たちからは
Dreamagai06301502

「歌手」「テニス選手」「アニメの声優」など、すぐに返事が返ってきます。

じゃあ、今の夢は?

しかし、大人になった今の夢を聞かれると、とたんに言葉が詰まります。

Dreamagai06301503

子どもの頃の夢を語っていたときの笑顔が消え、うつむく女性がちらほら。
「そんなの叶わないよって、わかってるから」「母親なんだからというプレッシャー」
女性たちの本音がポツリ、ポツリ・・・。
忙しい毎日に追われ、夢を持つことを忘れてしまったようです。

不思議な質問

そこでカウンセラーは、ちょっと変わった質問をします。
「いつか英語の勉強がしたいけど・・・」と語る女性には
「ハロー!」「グッバイ!」「チーズバーガー!」

Dreamagai06301504

絵を描くのが好きだったという女性には「じゃあ描いてよ!」

あの頃の気持ちを忘れないで

歌手になりたかったという女性。
「自分がステージの上にいると思って!」という一言に背中を押されて、自分の想いをメロディにのせて歌います。

Dreamagai06301507

不思議な質問や、無邪気なやり取りの中で女性たちが取り戻したのは、子どもの頃の気持ちでした。

どうしてわざわざそんなこと考えるの?

実はこのカウンセラーが話したことは、ある人たちの言葉でした。

Dreamagai06301508

それは

Dreamagai06301506

そう、子どもたちでした。
カウンセラーの耳に繋がれたイヤフォン。別室で見守る子どもたちの言葉を代弁していたんです。

「叶えたい夢は、叶えたいと思ってやればできます!」

小さなカウンセラーたちの無邪気な質問は、もう一度夢を見る気持ちを女性たちに教えてくれたのでした。

これは「運命を変えるために。もう一度夢を見よう。」というSK-Ⅱの行った「夢」についての実験。
#changedestiny というブランド理念のもと展開している、キャンペーンの一環で製作されました。
女性にもう一度夢を見てほしい、そして運命を変える一歩にしてほしい。そんな思いが込められています。

全編はこちら(動画:4分22秒)

出典:SK-Ⅱ公式HP

あなたの夢は、何ですか?