妊娠による骨盤の変化とは

 

2016.053018.01

妊娠すると、妊娠初期から「リラキシン」というホルモンの影響で骨盤は少しずつ緩みます。赤ちゃんが骨盤の間から生まれることができるように、出産時に骨盤の開きも最大となります。
この変化は、赤ちゃんを出産するために妊娠中の方ら誰にでも起こる変化なのです。大きくなる子宮によって骨盤に負担がかかるため、妊娠中の骨盤がゆがみやすくなります。
骨盤がゆがむことによって、腰痛や恥骨の痛み、むくみなどのトラブルに悩まされることになるのです。

骨盤矯正は産後だけのものではない!

2016.053018.02

「骨盤矯正」というと、産後のイメージが強いと思います。
私も2人出産していますが「骨盤矯正」をしたのは2回とも産後だけでした。
というのも、「出産で骨盤が緩んでいるので、この時期に骨盤矯正をするとスタイルも良くなるし、産後ダイエットにも効果が出やすい」と聞いていたからです。
しかし、骨盤は体の中心にあって、骨盤が緩むことで生理痛や婦人科系の疾患・不妊・新陳代謝の低下・肩こり・猫背やO脚といった様々なトラブルを引き起こすため、出産後だけでなく「妊娠前」・「妊娠中」の骨盤矯正も、それぞれ効果があるのです。
「骨盤矯正」をすることで身体の不調を解消することができるなら、産後に関わらず是非試したいですよね!

骨盤ベルトの選び方

2016.053018.03

骨盤ベルトは、様々な種類が販売されています。
私は産後にいろいろ試してみたのですが、着けた位置からすぐずれてしまったり、着けるのに時間がかかったりと不便に感じて使用しなくなったものもありました。
骨盤の開き方は人それぞれですし、正しく着けることができなければ「ただ巻いてるだけ」の意味のないものになってしまいます。
購入する際に「着け方の指導」をしてもらえるものを選ぶなど、ご自身が使いやすいものを選ぶようにしてみてくださいね。
また、産後1ヵ月程度は悪露が出る時期なので、直後からではなく産後2~3週間程度経ってから使用することをオススメします。

「骨盤のゆがみ」を直すことで身体の不調を解消する効果が期待できます。
骨盤ベルトだけでなくスクワットなど自分でできる体操をすることもオススメですよ。
また、横座りや足を組んで座るなどは「姿勢のゆがみ」として骨盤がゆがんでいく原因になるので、普段からの姿勢にも気を付けてみてください。