ママ、イライラしてませんか?

img_a0100143

「なんで言う事聞いてくれないの?」と思う時って自分がイライラ絶頂のあまり、子どもに大人げなくこうして!と言ってる時があります。幼稚園に行く時間が迫ってるのにまだ着替えもしないで悠長に遊んでいる息子にイラッとして、「早く用意して!」なんて言っても全然聞いてくれなくて…さらに怒ってしまう。

いつもは普通に「準備してね~。」って言えば聞いてくれてるのにどうしてなんでしょう?
子どもだって大人だって怒ってる人はあまり近づきたくないですよね。
だから、子どもは聞かないのないかな?と思うんです。

そんな時私は一呼吸おいて、「早く」ではなくて「あのね」と話しかけるようにするようにしました。「あのね」と話しはじめると「早く」と話し始める時より優しい言い方になります。
子どもはニコニコのママが大好き
です。イライラした言い方、気をつけてみてくださいね。

別の言葉に変えてみる

img_a0100144

先程の「あのね」の言い方を変えるに似てますが、子どもにもう少し分かりやすい言い方に言い換える事も心がけています。
「今ね8時30分なの、幼稚園の準備しないと間に合わなくなるよ」とか早くしなくてはいけない意味を分かりやすく伝えてあげると、「そうか!」って分かってくれてちゃんと動いてくれるようになりました。

時にはゲーム感覚で競争!

img_a0100145

言葉で伝えるのは結構お兄ちゃんお姉ちゃんになると、理解力もあるのでうまくいきますが、少し年齢が低い幼児期の頃は「一番競争」させてうまくいく事がありました。
例えば「誰が一番にお出かけの準備できるかな~?」、「誰が一番おりこうに見て(聞いて)いられるかな?」など。子ども心に何かをくすぐるのか、これを言うと「僕(私)が一番にする!」って食いつきがいいです。たまにはこんな言葉で子どもを促してみてもいいですよね。

言う事を聞かない時まずはママがちょっと落ち着いて、それから工夫しながら声をかけてあげると子どもも素直に言う事をちゃんと聞いてくれると思いますよ。