どんなところで食事をしていますか?

2016060710_01

子供が食事をする際の環境はどうなっていますか?テレビがついていたり、一人で食事したりしていませんでしょうか?
大人はテレビを観ながらの食事も可能ですが、子供は興味のあることに集中してしまうので興味を引くテレビ番組がついていると観ることに集中してしまい、食事の手が止まってしまうことがあります。「食べてる?」と声をかけると思い出したように食べるのを再開する、というのを繰り返し我が家では“食事の際にはテレビを消す”ことにしました。テレビを消すと食事に集中してくれますし、ぼんやりとうわの空で食べるより視覚・味覚で味わって食べてくれるので環境も大切です。

また、“一人で食事をしている”なんてことありませんか?ママも忙しいから、ちょっと他の用事をしに行ってしまって子供だけテーブルに残される、ということも子供が食事を食べない理由になります。
誰でも一人の食事は寂しいものです。忙しくてもなるべく一緒に食事時間をとるようにしてくださいね。

子供が食事を食べてくれない理由とは?

2016060710_02

子供が食事を食べてくれない理由として考えられる原因としては、まず単純に“お腹がすいていないから”ということが考えられます。食事の前におやつをたくさん食べてしまっていたり、一日家の中で遊んでいたなど体を動かすのが足りていないことが原因だったりします。
大人でもそうですが、“食べたい”“おなかすいた”と思わないと、食事は進まないものです。子供は、食べないといけない理由もわからないので、気持ちに正直な分、“食べたい”という意欲がわかない限りは食事が進まないんです。

食べるのが遅い子供もいるんです

2016060710_03

子供が食事を食べるのって時間かかりますよね。そんな時に、「早く食べなさい!」「いつまで食べてるの?」「残さないで食べて!」って言っていませんか?
ゆっくりと噛んでいると食べるのが当然遅かったりしますし、飲み込むのも上手にできない子供は時間がかかります。一生懸命食べているときに、怒られたりすると食事が楽しくなくなるんですよね。
子供に声をかけるときには、マイナスイメージの言葉ではなくプラスイメージの声かけをしてあげてください。全部食べれなくても、「こんなに食べれたんだね。次はもっと食べようね。」とか、「お腹すいてなかったのかな?」等とやさしく声をかけられると、子供も“もっと食べよう”という気持ちになりますよ。

いかがでしたでしょうか?子供の食事では、悩むことが多いものです。一度にたくさん食べられない子供には、食事の内容の工夫をしてみたり、おやつの代わりに食事を小分けして食べさせたりしてみてください。みんなで食卓を囲んだり、彩のいいものを準備するなど子供が“食事は楽しい”と思う環境を作ってみてくださいね。