息子がお友達を噛んでいた!?

2016060115_01

半年ほど前のこと。4才の息子が遊んでいる時に1つ下のお友達を「追いかけまわしたり、噛んだりしていた」と後になってママ友から聞きました。

すぐ息子に「本当にやったのか、なぜそんな事をしたのか」を聞いてみました。すると息子は、最初は言いたがらず泣き出す始末。

しっかり目を見てゆっくりと聞いていくうちに、追いかけたのは「遊んでいるつもりだった」こと、いつも一緒に遊んでいるお友達ではなかったので「いつも通りに遊べなかった」こと、年が1つ下で「想ったことが伝わらなかった」ことが歯痒くなって噛んでしまったと説明してくれました。

その後、そのお友達とママ友にはきちんと謝り、息子もちゃんと自分の口から「ごめんなさい」を言うことができました。

寂しい思いをさせていたのかな。

寂しい思いをさせていたのかな。

思えば、次男がまだ小さく置いたらすぐ泣いてしまう状況だったので、私も一日中抱っこや授乳で疲れていました。
そこに、長男が甘えてきたり「抱っこ」とせがむのを「もうお兄ちゃんなんだから」と疎ましく思い、同じマンションの子供たちと遊びに行ってくれるのをむしろありがたく思っていました。

息子は、たまに「転んだ」と泣いて帰ってくるものの、また飛び出して行き夕方呼びに行くまで遊んでいました。
今回のことで、長男に対して寂しい思いをさせていたことに初めて気づき反省しました。
また、いつも遊んでいるお友達がみんな年上の子だったため戦いごっこと言ってふざけて殴りあったり、高い所に登ったりと4才の息子にしては危ない遊びをしていたことをその時初めて知りました。

あなたはとても大切な存在よ。

あなたはとても大切な存在よ。

普段息子の遊んでいる様子を知らなかったのも恥ずかしかったのですが、同時に今まで大きな怪我をしなかったことにホッとしました。

そして「あなたはママにとって大切な存在だから、自分を大切にして欲しい。そしてお友達も同じように大切な存在だから、お友達を傷つけるようなことは絶対にしてはいけないよ」と話しました。

男の子だし多少危ないことはするけど、しつけとして言うべきことは言い、悪いことをした時になぜやってはいけないのかを本人が納得するまで伝えることが大切だと思いました。