お風呂を嫌がる理由、ありませんか?

お風呂を嫌がる理由、ありませんか?

沐浴をしている頃からお風呂を嫌がった子供っていないのではないでしょうか?

1か月検診が無事済んで、“大人と一緒に入れますよ”となった頃、“スイマーバ”というグッズを付けて、子供を浴槽で泳がせたことがある方もいらっしゃるかもしれません。本来、浴槽に入ると、羊水の中で動いていたときの感じを思い出して喜ぶ赤ちゃんが多いそうです。

我が家の子供も、嫌がらずにお風呂に入ってくれていたんですが、ある日突然「お風呂入りたくない!」って言い出してとても困りました。原因を考えてみたときに思い当たったのが、主人と入ったときに“顔に水がかかったこと”なんです。沐浴の頃から私と入るのが普通だったんですが、たまには主人に任せようとしたところ、慣れない頭洗いで顔にお水をかけてしまったという事だったようです。おかげで、それ以来お風呂を嫌がられてとても困りました。

お風呂嫌いになる原因を突き詰めると、『そっか!』『なるほど♪』と思い当たる節がありますよね!でも大丈夫♪
一度お風呂嫌いになってしまった子供を、お風呂に入れるのに手を焼くパパママは多いと思いますが、実は簡単な方法でお風呂嫌いを直すことができるんです!
我が家には3歳と1歳の子供がいて、2人一緒にお風呂に入れていますが、上の子が楽しそうにお風呂に入っているので、下の子も楽しそうに過ごしています。

お風呂を子供が好きな空間にしてみましょう!

お風呂を子供が好きな空間にしてみましょう!

一番簡単な方法がお風呂に子供の好きなグッズを準備することです。
お風呂用のバストイは、アンパンマンなどのキャラクターものやアヒルのおもちゃ、男の子の好きなトミカやプラレールなど、様々な種類のものが販売されています。

我が家では子供がお風呂に入りたがらない時に「おもちゃで遊ぼう!」といって誘いました。好きなキャラクターのおもちゃを準備してみたり、ちょうどお絵かきにも興味のある頃だったので、お風呂の壁で落書きのできるクレヨンセットを準備して“遊べる楽しい空間”に変えたんです。

“お風呂は楽しい”というイメージさえ作れれば、子供のお風呂嫌いはあっという間に直りますよ。

洗い方を変えてみるのもいいですよ!

洗い方を変えてみるのもいいですよ!

我が家の子供がお風呂を嫌がった原因が“顔に水がかかったこと”なんですが、今では頭からシャワーをかけても泣かなくなりました。
頭を洗う際には、今でも足の上に寝かした状態で洗ってあげているんですが、親が顔をお風呂の際に洗うのを見ていて“顔にお水がかかっても大丈夫なんだ”ということを学んだようです。あとは、顔に水がかかったときにタオルで拭いてあげるようにすることで少しずつ慣れていったようです。

そのほかにも、頭を洗う時によく泡立てて髪の毛の形を変えて遊んだり、泡立てた石鹸で体を洗う時に楽しそうだったので、自分で手が届く範囲は体を洗うのを任せたりしたのも嬉しかったようです。

我が家には、3歳と1歳の子供がいて、2人一緒にお風呂に入れていますが上の子が楽しそうにお風呂に入っているので、下の子も楽しそうに過ごしています。一緒に仲良くおもちゃで遊んでいるので、毎日お風呂は笑い声が響いています。子供とお風呂で一緒に遊ぶことで親子のコミュニケーションもとることができるので、ぜひ“お風呂は楽しい空間”にして一緒に遊んであげてくださいね。