生後半年までのママはストレスフル!

新生児から生後半年の子供を抱えるママに送るメッセージ

妊娠期間は何かと大変だなんて思っていたけど、本当に大変だったのは生まれてからだったという先輩ママは多くいます。

新生児時期から生後半年の時期はママの体はホルモンバランスの影響で精神的にも不安定で、赤ちゃんのお世話に追われて睡眠時間は削られゆっくりと食事をする時間もなく肉体的にも疲弊しきっています。

赤ちゃんとずっと向き合うことで孤独になることもあり、特に初めての子育てでは何から何まで不安が付きまとい気分転換が出来ない中で、不安まで抱えてしまうと育児によるストレスによって、ママにとっても赤ちゃんにとっても最悪の事態になってしまうこともあります。

明けない夜はない!よかったと思える日が必ず来る

明けない夜はない!よかったと思える日が必ず来る

言葉を話すことが出来ない赤ちゃんは泣くことで何かを伝えようとするのですが、なんで泣いているのかわからないなんてことは本当によくあることです。
泣く度に気が滅入ってしまうこともあるのですが、そんな毎日の疲れも吹き飛ぶようなことが子育ての中にはたくさんあります。

ママの特権は子供の成長を誰よりも近くで一番に見ることができるという点です。

ハードな育児の真っ最中には大変な部分にばかり目が行ってしまうのですが、ちょっとした瞬間に子育てをしてよかったなぁと感じることがたくさんあります。特に新生児時期から生後半年の時期であれば、ママを見てにっこりと笑う赤ちゃんの笑顔で癒され、自分の子供が隣にいる幸せを噛み締めることができます。

大変さを知って自分の両親に感謝することができる

大変さを知って自分の両親に感謝することができる

子供を持つことで親のありがたみがわかるという話を聞きます。

赤ちゃんが生まれると何があっても自分の子供は守ると決心することでしょう。
ですが、自分もそうやって自分の両親に守ってもらっていたことに気づくことができ、自分の両親がどれだけ大変な思いをして育ててくれたかを理解することができる様になります。

無条件で愛して、たくさんの時間をお金をかけて育ててくれたことに感謝をすることができます。