巨大児とは

巨大児とは出生体重が4,000グラム以上の新生児のことです。4,500グラム以上になると超巨大児となります。

巨大児となる原因と胎児へのリスク

巨大児となる原因と胎児へのリスク

巨大児には対称性巨大児と非対称性巨大児の2種類があります。

<対称性巨大児>
遺伝因子が原因で大きく育った巨大児のことです。こちらは胎児の身体的に問題はないので、分娩の際の難産に気をつければ問題はありません。

<非対称性巨大児>
こちらは母体の糖尿病が原因でなった巨大児のことです。母体が糖尿病であると血糖値が高いので、胎児も高血糖になってしまいます。その際、胎児インスリンというホルモンが血糖値を下げるために大量に分泌されます。胎児インスリンは成長ホルモンなので、赤ちゃんの成長を促進してしまい巨大児になってしまうのです。こちらは単に身体が大きいというわけではなく、身体的に問題のある場合があります。症状は呼吸不全や呼吸困難、心不全、臓器(心臓、肝臓、肺、副腎、脾臓など)の膨張、低血糖、多血症、低カルシウム血症、新生児黄疸などです。

母体と赤ちゃんへのリスク

母体と赤ちゃんへのリスク

大きな赤ちゃんは分娩時に難産になる場合があります。産道を通る際に赤ちゃんの鎖骨を骨折したり、膣や会陰の裂傷により母体が出血多量になったり、上半身が引っ掛かってうまく出てこれない肩甲難産になったりと、母体と赤ちゃんにとってリスクがあります。
分娩方法は主治医とよく相談して決めましょう。

対処法

対処法

母体が糖尿病の場合に必ず巨大児になるわけではありません。妊娠中に気を付けることで巨大児にならないこともあります。巨大児の可能性があると診断された場合には、主治医と相談しながら血糖値のコントロールをしましょう。

焦らず主治医の指示に従いましょう

私も出産予定日を過ぎてもなかなか陣痛が来ず、促進剤を使う病院ではなかったので、お腹の中で成長してしまい、大きくなってしまうのではないかと不安になりました。
結果は予定日より11日遅れで陣痛が来て、赤ちゃんも3,000グラム台でした。
少し大きめだったのでしっかりしていて育児が少し楽でした。出産予定日が過ぎても、巨大児になるとは限りません。焦らず主治医の指示に従いましょう!