場所は決まっていますか?

場所は決まっていますか?

小さな子供にとって、きれいに片付けることって難しいんですよね。

私が子供に最初に準備したのは“お片付けをする場所”です。つまり、“おもちゃ箱”です。

最初は、「この箱におもちゃを入れてみようか!」ということで、子供が“遊びの延長”のように感じられるように仕向けてみました。きちんと入れることができたら褒めてあげると、子供も楽しそうに次々と入れるようになって、部屋が片付くようになってきました。
 
“きれいに片付けること”ではなく、“決まった場所に片付けること”が大切なので、うまくできていなくても、片付けたら褒めてあげるようにしてくださいね。

親もできていますか?

親もできていますか?

子供には「きちんと片付けしなさい!」と言いながら、親は散らかしている、ということはありませんか?
親は自分の家だし、子供のおもちゃの片付けとは別、なんて言い訳しそうですが、これが実は重要なことなんです。

散らかった部屋で過ごしていると、散らかっていることを特に問題に思わなくなってしまいます。
きれいに片付いた部屋で過ごすことが当たり前になると、部屋をきちんと片付けようという心理も働きます。

また、子供は親の鏡でもあるので、親が片付ける姿を見せることで子供も片付けることを学んでいきます。
子供に片付けをして欲しいと思った時には、まず親が片付けができているかどうかも振り返ってみてくださいね。

時間を決めてみましょう!

時間を決めてみましょう!

子供が楽しく遊んでいる途中で、いきなり「片付けするよ!」と言っていませんか?
親の気分で片付けをさせたり、遊んでいるのを遮って片付けをさせるのを繰り返していると、子供の“まだ遊びたいのに”という不満が溜まって、“片付け=イヤなこと”となってしまいます。

子供が“親に言われるから、怒られるから片付けしないといけない”と思うようになると、片づけの習慣はつきませ。
それを防ぐために、“片付けをする時間・タイミングを決めて子供にその時間・タイミングを認識させること”が大切です。

例えば、お出かけ前や食事の前・寝る前などです。
「○○時になったらお出かけするから、お出かけ前にお片付けしようね。」、「○○時にご飯食べるから、ご飯の前まで遊んだらお片付けしてご飯にしようね。」といった感じで、“何時までは遊んでいいけど時間が来たら片付ける”という予定を立ててあげると子供も、“時間が来たら片付けをするんだ”という認識もでき、時間を学ぶこともできるのでとってもオススメです。

片付けが最初からできる子供はいません

怒られながら片付けしていると“やりたくないこと”になってしまうので、親子で片付けのルールを決めて、できたら褒めてあげるようにしてみてくださいね。