イヤがる前に慣れさせる

img_a0400168

指サック歯ブラシ(離乳食~歯の生え初めまで)

我が家の場合、離乳食が始まったあたりから指サックにちょっとブラシがついている、歯ブラシみたいなものを使い始めました。磨くことが目的ではなくて口の中をマッサージするぐらいのつもりで軽~く歯茎をなでまわして使っていました。
大切なのは、口のなかに歯ブラシのようなものが入ってくることに慣れるということです。
歯が生える時期には歯茎がかゆかったりムズムズするらしくそのマッサージが好きになってくれました。あとは、噛まれると指が痛いのでそろそろ次の段階に移ります。

赤ちゃん歯ブラシ(歯が生えてから)

ブラシがシリコンで出来ている、あまり歯ブラシっぽくないものがいいと思います。
シリコンの方が劣化が遅いので買い替えも普通のブラシより回数が少なくて済みました。
好きなキャラクターのシールを貼る。定番でしょうがやはり外せないと思います。
小学校に上がる前の年までは使える技で、ちょっとだけ子どものテンションが上がります。「アンパンマンが一緒に歯磨きしようって言ってるよ~」と気をひかせたりして“歯磨きって嫌なものじゃないよ”という印象を赤ちゃんの頃から少しずつ、少しずつ与えるようにしていました。

イヤがってしまったあとなら・・・ママも一緒に歯磨きしよう

上記のように工夫していようが、慣れていようがなかりうが、「イヤなものはイヤ!」にたどり着いちゃうのが歯磨きのような気がします。

「大事なのは歯磨きは嫌なものじゃないよ」と、コツコツ印象づけていくしかないのかもしれません。歯磨きの歌って、ずっと昔からありますよね。歯磨きを楽しくするための動画もたくさんあります。
子どもにつきっきりでなく、隣で一緒に歯磨きをしてみてはいかがですか?ママが楽しそうに歯磨きをしているとお子さんにも伝わって、きっと歯磨きしてくれますよ。
「歯がつるつるで気持ちいな~」とか声をかけてあげながらやってみてくださいね。

ママが磨くしかないなら“口をあけやすい”環境を

どうしたって自分ではやってくれない、イヤイヤが止まらないとき、ありますよね。
ママが磨くしかない!そんなときは、思い切って気をそらしてでも口をあけてしまう状況をつくりましょう。
たとえば、“特別に寝転がってTVが見られる時間“にして、TVに集中している間に磨いてしまいましょう。

大きくなると虫歯のつらさや歯磨きの大切さを分かってくれると思うので、それまでの勝負です!歯磨きの時間をなるべく楽しくできるといいですよね。