生活リズムを整える

「生活リズムを整える」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

まずは1日の生活リズムを整えることから始めましょう。
朝は早めに、そして決まった時間に起こしましょう。6~7時にはカーテンを開けて、子供を起こします。
お昼寝はできれば15時まで、遅くても16時には起こすようにしましょう。これ以上寝かせてしまうと夜の入眠に影響が大きいため、16時までに寝なければ、そのままお昼寝をさせないのも手です。我が家では夕方に眠たくなってしまったときはご飯より先にお風呂に入れて目を覚まさせています。
お腹が空いていると眠れない子供も多いため、あまり早すぎる夕飯も考えものですね。

夜の授乳をやめる

赤ちゃんの月齢や年齢にもよりますが、もし寝つきの悪いお子さんに夜の授乳をしている場合、思い切ってやめてしまうのも一つの方法です。我が家では夜の授乳をやめたとたん、格段に寝つきが良くなりました。

日中たくさん遊ばせる

お昼寝をする子供の場合、お昼寝前の午前中、早い時間帯にたくさん遊んで体力を使ってもらいます。そしてお昼寝も、早い時間にさせてあげると効果的です。
できればお昼寝後もお買いものやお散歩など、少しでも外に出たほうがよいです。日中思いっきり運動をさせると夜は自然と眠くなります。

入眠儀式を作る

明るいリビングにいたり、テレビを見ていたりすれば、子供は寝たくなりません。
単に気持ちの問題だけでなく、体内的に眠気から覚醒してしまうからなんです。そもそも、私たちの眠気は、日が暮れてくると自然と分泌される「メラトニン」という成分によって誘発されるのですが、テレビなどの光を浴びることでこの「メラトニン」の分泌が抑えられてしまい、眠気を抑制してしまうことがわかっています。
そこで、お風呂に入ったあとは寝室にうつって、絵本を読んだり、暗い部屋でお話をしたりして寝る前の習慣をつくりましょう。そのうちに“寝室にうつったら寝る”、“絵本を読んだら寝る”というように入眠儀式ができます。

大人の時間を作ってほっと一息

なかなか寝てくれない子供の相手はとても大変ですが、寝顔は本当に癒されますよね。子供をすんなり寝かしつけて、大人の時間を作って、ほっと一息つけるといいですね。ぜひ試してみてください。