なぜ歯磨きを嫌がるのか?

「なぜ歯磨きを嫌がるのか?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

子どもにとっては歯磨きの時間が一種の恐怖となっている場合があります。
子どもとしては、歯磨きという行為が何なのか理解できていないことも多く、またお母さんが一生懸命なあまりに真剣な顔で怒ったり、無理に抑え込んだりしてしまうこともあるため、とにかく怖い時間だと認識しどんどん嫌いになってしまうケースが少なくありません。

子どもに歯磨きが怖い時間と植え付けてしまう前に、「歯磨き」=「楽しい時間」にしてあげることが大切です。

どうしたらいいのか?

「どうしたらいいのか?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

【1】まずは歯磨きが何なのかをきちんと理解させてあげましょう。

急にお母さんの膝の上に寝かしつけようとすると、子どもは今から何をされるのかと怯えてしまいます。
歯磨きをして「歯をキレイにしよう!」、歯磨きをしないとお口の中がバイ菌だらけになり虫歯になってしまう、虫歯になったら痛くてお菓子やご飯が食べられなくなることも教えてあげましょう。
我が家では分かりやすいように、絵本を使って説明していました。

【2】歯磨きのお手本を見せましょう

歯磨きの仕方は説明では分かりにくいにくいので、実際に洗面所の鏡の前でお母さんが楽しそうに歯磨きしているところを見せてあげましょう。
子どもは大人のマネが大好きなので、やりたがります。自分が歯磨きをする姿を鏡で見ることにより自分が何をしているのかが分かるようになり、恐怖心も無くなっていきます。
また、子どもが自分で歯磨きした後に行う親の仕上げ磨きも、テレビや動画で他の子が同じことをしている姿を見せてあげることで、素直にさせてくれるようになります。
仕上げ磨きの際は、真剣な顔つきになり過ぎないよう注意し、なるべく笑顔で行うよう心がけましょう。子どもはお母さんの顔を見ています。

【3】歯ブラシを一緒に買いに行こう。

歯ブラシにもいろいろな種類あります。歯ブラシを買いに行く際は、子どもに選ばせてあげることも大事なポイントです。
大好きなキャラクターのお気に入りの歯ブラシがあれば、子ども自ら歯磨きがしたいとスムーズに歯磨きをさせることができます。

ママ怖い顔しないで・・・!

お母さんが怖い顔をしていると、子どももなかなか楽しい時間と思えません。歯磨きが嫌いになってしまっても、歯磨きの絵本や動画、歌などで楽しく歯磨きをすることができるように根気強く教えてあげましょう。歯磨きの時間も楽しく、虫歯のない生活ができるといいですね。