親子で一緒に楽しく鏡の前で歯磨き

「親子で一緒に楽しく鏡の前で歯磨き」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

親がやっていることは何でも真似をしたり、親と一緒ならやってくれることってありますよね。
我が家では食後、「お父さんが歯磨きしているから一緒にしておいで」「お母さんもするから一緒に歯磨きしよう」などと誘うことが多いです。

ついつい台所の片付けをしてから磨きがちな歯磨きですが、ここは親も一緒に『食べたらすぐ歯磨き』のリズムを作ってみるのはいかがでしょうか?
ちなみに食後すぐに歯磨きをすると口内が酸性になっているからよくないという話も聞きますよね。私もかかりつけの歯科医に相談してみました。すると学術的にはそこまで確率していないとのこと。磨き忘れるくらいなら食後すぐに磨く方がいいし、エナメル質が溶けるようなことはないとのことでした。

親子で「上の歯、下の歯、前歯」とシャカシャカやってみませんか?歯磨きが自分でできるお子様でしたら夜の仕上げ磨きだけしっかりすれば、朝昼は自分でシャカシャカ、もしくは歯ブラシをカミカミするだけでも効果があるそうなので、ママ自身も必死になりすぎずに気楽な気持ちで歯磨きを捉えてみませんか?
我が家の子供たちは夜だけしっかり歯磨きでしたが、そろそろ乳歯が抜けそうな年齢ですがまだ虫歯はゼロです。

お気に入りのデンタルグッズで楽しく

「お気に入りのデンタルグッズで楽しく」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

大人だってお気に入りのものを使うだけで楽しくなることがありますよね。お子さんのデンタルグッズはぜひお子さんの好きなキャラクターを選んでみませんか?

実は上の子の時は私も色々とこだわって「歯科医がすすめる」というような可愛さよりも性能・素材重視で選んでいました。
でも子供にとっては可愛い歯ブラシ、格好いい歯ブラシの方が嬉しいんですよね。まずは楽しく、そして歯磨きが好きになってくれることの方が歯にはいいということに気がつきました。
それ以来、歯ブラシはキャラクターのものばかりです。歯磨きペーストも子供の好きなものを選ばせています。

最近、寝る前用にデンタルリンスを取り入れたのですが、これが特別感だったようで最近ではデンタルリンスをしたいために、さらに歯磨きを率先して行ってくれるようになりました。
楽しんで歯磨きができるように、デンタルグッズはお子さんと選んでみてはいかがでしょうか。
自分が選んだお気に入りのものでしたら、きっと歯磨きも楽しくなるのではと思います。

やっぱり歯の大切さを知ることから

「やっぱり歯の大切さを知ることから」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

好きなものを揃えても、やっぱり最後は歯磨きの大切さを知ることが一番大事だと思います。
幼稚園生以降でしたら、絵本やテレビなどで歯磨きしないとどういうことになるか教えてあげてはいかがでしょうか。
また、かかりつけの歯医者さんを決めて、定期的に歯のチェックに行き日頃から歯への関心を高めるというのもそろそろ効果的です。

我が家の子供たちは3歳から定期的に歯医者に通っていますが、自分自身の歯のことを考えるいいきっかけになっていると感じています。
でも未就園児さんにはちょっと難しいので、歯磨きの歌を歌いながら、またはお子さんが好きなぬいぐるみと一緒に歯磨きしてみてはいかがでしょうか?

「クマさんも歯磨きしようね。あ!クマさんお口にお肉がついているよ。大変!!○○くん(ちゃん)のお口はどうかな?」や「バイキンマンがお口にたくさん!お母さんがやっつけるね!シャカシャカ・エイエイ!!」なんて誘ってみるもいいかもしれませんね。