イヤイヤ期ってどうしてあるの?

「イヤイヤ期ってどうしてあるの?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

子育てをしていく中でわからないことっていっぱいあるんですが、子供がイヤイヤ言い出すと
ママもイライラしてきますよね。
ご飯食べてほしいのに食べてくれないし、外でわめいて周りの人から注目を浴びてしまったり。

我が家も3歳と1歳の子供がいますが、思うようにならないことが多くてイライラしたり、
外出先でイヤイヤし始めると抱っこして連れ帰るということもあります。

親からしてみるとイヤイヤ期なんてなければいいのにと思うんですが、
子供が自分の主張が通らない時があるということを知ったり、
自分の気持ちを怒らずに上手に伝える方法を学んでいくのに必要な時期なんです。

イヤイヤ期っていつから?

「イヤイヤ期っていつから?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

「魔の2歳」といわれるように、2歳前後を“イヤイヤ期”ととらえている方が多いと思います。
周りから「2歳児は大変だよ」と脅され?覚悟を決めていると、
子供が「イヤイヤ」言うようになっていて、「とうとうきた!」という感じで分りやすかった!
というママもいれば、2歳どころかそれより前から大変だったし、3歳になるけどまだまだ大変!というママもいると思います。

知らない方が多いと思いますが、
イヤイヤ期は実は生後6か月頃から始まっているといわれています。
生まれてきて、あやすとにこにこ笑っているだけの時期を過ぎ、
寝返りなど自分で動いたり自分の感情を表現するようになってきたら、
すでに始まっているんですね。

また、2歳で終わるかというとそうでもなく、3歳4歳でも相変わらずイヤイヤ言っているという子もいるので「いつまで」というのは、個人差があるようです。

イヤイヤ期はどう付き合えばいい?

「イヤイヤ期どう付き合えばいい?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

我が家の下の子は1歳なんですが、動こうとしているところを抱っこしたり抱っこに疲れてきたからおろそうとすると、泣いて抵抗してくることが結構あります。
1歳の子に対しては言葉が通じないので、一生懸命あやしたりお気に入りのおもちゃを目の前においてみたりして興味をひいてみて、それでもだめなら抱っこ・おんぶで時間を過ごしていることもよくあります。

自分の意思を表現し始め、順調に成長しているという証なので喜ぶべき変化なんですが、
余裕がないときにされるとこちらもイライラしてきます。

3歳の子供が爆発した時には、まず同じ視線の高さで「何がイヤなのか?」を聞くようにしています。最初は話してくれなくても、少しずつ落ち着いてくると自分がどうしたいのか、何がイヤなのかを話してくれます。
理由を話すことで自分の気持ちと向き合うことができるようで、解決する方法を提案すると一緒にしようとしてくれます。
そして、観察していてわかったのがイヤイヤ言うのは、まだ遊びたいのに中断されるときと眠たいときのようです。

一般的に、イヤイヤいうときの理由として多いのが、
「まだやりたい」「甘えたい」「やりたくない」「自分でしたい」「眠たい・食べたい」などの
生理的欲求のどれかにあてはまるようですので、子供のイヤイヤが始まったら理由を一緒に考えてあげてくださいね。

自分の感情のコントロールができない・言いたいことが伝わらない、
というもどかしさを抱えることでイヤイヤ言っているので、気持ちを受け止めてあげることが一番大切です。
甘えられる相手・信頼している相手にしか表現してこないので
自分に甘えているんだという気持ちでおおらかに構えてみてくださいね。