お風呂場に置きっ放しのおもちゃを片付けよう!

「お風呂場に置きっ放しのおもちゃを片付けよう!」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

おもちゃをお風呂からなくす!?と驚かれると思います。毎日見るおもちゃは子供も飽きてしまいます。

大人が時々シャンプーを変えて気分転換したくなるのと同じこと。子供だって日々違うおもちゃをお風呂に持ち込めば、新鮮な気持ちになるはずです。

ある日、おもちゃを洗って外で乾かしたまま、それを持って入るのを忘れたことがありました。そうすると子供たちは手桶や洗面器でおままごとをして遊んでいました。

それ以来、おままごとのコップやお皿、夏祭りでもらう金魚のおもちゃ、ガシャポンのカプセル(穴があいているのでシャワーになります!)などを提案して「今日はこれを持って入ってお風呂で遊ばない?」と声をかけるようにしました。
そして、それが定着する頃、今度は子供たちに1人1個までと決めて「さぁ、お風呂入るよ!今日は何を持って入る?」と声をかけてみました。

そうすると、早くそれで遊びたいので競ってお風呂に向かいます。お約束としてあがるときにはそれをちゃんと拭くということを決めておくので、お風呂場もすっきりして私も大満足です。

入浴剤で今日は特別なお風呂にしよう!

「入浴剤で今日は特別なお風呂にしよう!」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

とはいえ、おもちゃだけでは誘えない日もあります。

そんな時、私は入浴剤で特別感を出しています。「このシュワシュワを入れたい人!」「今日のお風呂はいい匂いのお風呂だよ!」「色つきのお風呂だよ!」などと声かけしています。

もちろんどちらが入浴剤を入れるかでけんかになりますので、その場合は今日入れられなかった子は明日という約束をします。これできっと明日もスムーズに入ってくれるでしょう。

普段から入浴剤を使われているご家庭も多いと思いますが、もしママがあらかじめ入れているのであればお子様に入れてもらったり、普段とは違う種類のもの用意したりして、お子様に選んでもらうのはいかがでしょうか。

顔にお湯がかかるのが嫌なお子様へ

「顔にお湯がかかるのが嫌なお子様へ」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

姪をお風呂に入れた時、我が子と同じように頭からお湯をかけて大泣きされて困ったことがあります。姪が1歳の頃のことでした。

姪はmyタオルがないとお風呂に入れなかったので、私はそのタオルを姪の顔にあてて、頭を少しだけ上(顎を少しだけあげる)にしてもらいました。美容院でシャンプーをしてもらっているような感じです。

これで顔にはお湯はかかりませんし、タオルという安心感もあり泣かずに頭を洗わせてくれました。その姪も3歳になり、今はmyタオルがなくてもお風呂に入れるし、頭からお湯をかけるのも大丈夫になっていました。

不安でお風呂が嫌なお子様のその不安はきっと今だけのことなので、これについては無理強いをせずに不安を取り除く方法を考える方がいいのではと思います。

不安がなくなるまで、目が痛くならないベビー用のシャンプーを使う、シャンプーハットを使うなど。とにかくお風呂を少しでも安心でき、楽しい場所にしていくことが何よりの近道ではないかなと思います。