食べなくなった原因を聞くと…

「ごはんを食べなくなった原因」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

ご飯を食べてくれなくなったのが、あまりに急だったので、もしかしたら自分の料理が最近美味しくないのかな?と思い、息子に聞いてみました。

しかし、「美味しくないわけじゃないよ。」
と、本人が答えるのです。

「なら食べてほしいな。」
と私が伝えると、ゆっくりと(本当に少しずつ)食べ始めました。
しかし一向に箸が進みません。

そうこうしているうちに朝のバスの時間が来てしまったり、夕飯の時間が終わってしまったりしていました。

何か幼稚園であったのかな?と考えてみても、連絡帳に事件らしきことも書いていません。
本人も「幼稚園でなになにした!」と嬉しそうに報告してくるので、いじめはないだろうと思いました。

お菓子はパクパク食べる息子を叱ってしまう。

「お菓子はパクパク食べる息子を叱る」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

数日して気づいたのですが、ご飯を食べることは、あまり進まない様ですが、お菓子などはしっかり食べられているのです。
むしろ、お菓子をより沢山食べているような気がしました。

もしかしたらお菓子ばっかり食べているから、私の料理を食べなくなったんじゃ?と思いました。
”お弁当も前まではしっかり食べてくれたのに”と思うと悲しかったです。
そこで、
「〇〇(息子の名前)、お菓子ばかりじゃなくて、ちゃんとご飯も食べなさい。」
とゆるくしかりました。

いつもなら、「はーい。」と答えて終わるのですが、その時、息子はポロポロと泣き出してしまいました。

息子はご飯が嫌なんじゃなかったんです。

「ごはんを食べない理由」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

私はびっくりしてすぐに、「どうしたの?」と聞くと、

息子は泣きながら、「この前、幼稚園でね、ご飯が喉につまっちゃって、それから、どうやったら、うまくご飯が飲み込めるかわかんなくなっちゃったの。」
と、自分からやっと話してくれました。

それが原因だったのかと思う反面、気づいてあげられなかった自分が情けなかったです。

それからは、家で改めて、食べ物を飲み込む練習を息子にさせました。
ご飯を食べる!と強く考えてしまうと飲み込み方がわからなくなってしまうそうなので、最初はじゃがいものお味噌汁など口の中で小さくなるものを使いました。

私がここで皆様に伝えたいことは、5歳位になってくると、何でも親である私達に話してくれるわけではなくなるということです。

悪い子だ!しつけなきゃ!となる前に、その行動の原因を探してみてはいかがでしょうか?