どんな時にぐずる?

「どんな時にぐずる?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

赤ちゃんがぐずる原因はお腹が空いた、パンツが濡れて気持ち悪い、眠たい、暑い、寒い、抱っこしてほしいなど様々な要因があります。

親は何が原因かを泣き方等から探し出して赤ちゃんの不快を取り除いてあげる必要があり、その対応によって赤ちゃんも機嫌よく過ごすことができます。

ですがそれだけで済むことばかりではなく、全て試してみたけど全く泣き止まない!ということもありますよね。それによって私たちの気持ちに余裕が無くなり焦りや不安が生まれると我が子の泣き声も大きくなっていきます。

ではどのように対応し解決すればよいか

「ではどのように対応し解決すればよいか」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

まずはパンツが汚れていないか、お腹は空いていないかなど赤ちゃんの生理的不快感を取り除くことが大切です。

それでも泣き止まなければ抱っこなどでお母さんの温もりを感じたいのかもしれません。それでもだめだという時には、外に出てみたり、ドライブに行ってみたりと環境を変えてあげることで泣き止むことも多いです。

家に籠っているとお母さん自身もストレスを感じて子育てが苦痛になってしまうと思うので、リフレッシュを兼ねてやってみてください。私自身は支援センターやママ友など誰かと会う時間を作り、自分にとっても子どもにとっても新鮮な気持ちになれる機会を作ることでぐずりを減らすことができました。

子育てで大切なこと

「子育てで大切なこと」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

私は第一子を授かり初めての子育てに不安を感じながらも、我が子の可愛さに元気をもらいながら日々過ごしていました。

ですが夜中に泣いて起き、なかなか寝付かない時やいくらあやしても泣き止まない時にはイライラしてしまい、私自身の気持ちに余裕がなくなると子どもも更に不機嫌になりぐずりました。

親の心境を子どもは感じ取っているのでしょうね。

日々の子育てに追われネガティブな感情になることは多々ありますが、愛おしい我が子と過ごす時間を楽しむことで、子どもは気持ちよい毎日を送ることができ、ぐずることも少なくなっていくのではないでしょうか。