夜寝るためにすべきこと二つのポイント

「夜寝るためにすべきこと二つのポイント」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

夜早く寝るためには、朝からやらなければならないことがあります。

それはもちろん、早起きです。朝早く起きてお日様の光を浴びることで体内時計を調整し体温が上がり体を活発にさせ、1日の生活リズムを作り始めます。子供が不機嫌でも7時半までには起こしましょう。

次に必要なのは昼間、たっぷりと遊ばせることです。夜に寝ない子の多くは、家でゲームばかりしていたり、テレビを見ていたり、体力の使わない遊びをしています。子供には外で活発に遊ばせてみましょう。

親の休息!でも昼寝の時間に注意!

「親の休息!でも昼寝の時間に注意!」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

親にとって子供が昼寝している時間が唯一自由に動けるひと時です。

その時間に夕食の準備をする方も多くいるでしょう。しかしその時間が17時や18時になっていませんか。そうすると子供の夜の就寝時間もずれ、夜寝ない子になってしまいます。

では夜早く寝るために昼寝は何時頃、何時間ほどするのが良いのでしょうか。

午前中に公園でしっかり遊んで、昼ご飯の後、12時か13時から1時間半ほどが最適でしょう。また21時台に眠らせたいのであれば、6時間前の15時までに起こすのが理想とも言われています。1時間あれば親も一息つけますよね。

“儀式”で眠りを誘う

「“儀式”で眠りを誘う」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

夜寝る前にスマホをいじっている親いませんか?寝る前にテレビを見ている子供いませんか?寝る前にみなさん何していますか?子供が寝る前に興奮することをすれば、そのまま目が覚めて夜に寝ない子になってしまいます。

夜寝る前にぐっすり寝るための何か”儀式”のようなものを作ってみてはどうでしょうか。

例えば、子供に絵本を読んであげるとか、子守唄を歌ってあげるなどしてみるのです。手のひらを子供の背中や腰の辺りにおいて、軽くトントンとしてあげるのも心地よく眠りに誘います。こうすることで“寝ないといけない”と思わせるのです。

早く寝ない子供にイライラして、「子供の早寝は夢だ」なんて思わずゆっくり改善していきましょう。