スマホはなぜ楽しい?

「スマホはなぜ楽しい?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

大人になってスマホはなくてはならないもの。しかし子供には触ってほしくない最たるもの。

スマホにお茶をこぼされ壊されでもしたら・・・買い替えるには高額ですよね。そもそもおもちゃではないし。も~触らないでって感じますよね。

でも子供にとってはカラフルな画面が楽しくて、写真を見れば自分の写真まででてくるし、好奇心を満たしてくれる装置に他なりませんよね。そんな子供にスマホだめ!と怒ってみてもそもそも意思疎通は上手にできません。

スマホに赤ちゃん。さてどうする。

「スマホに赤ちゃん。さてどうする」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

ここは思い切ってほめてあげましょう。

スマホを触っている赤ちゃんをみて私も最初は怒っていました。しかし、好奇心を示すのは最初だけで、ある程度触ってしまえば自分から関心の方向性を変えていくものですよ。

決してずっとスマホ好きというわけではありません。なのでスマホに興味を持ちはじめた子供には思い切って「よくこんなスマホが好きになったね!偉いね!」と褒めちぎってあげてもよいと思います。“スマホに興味をもつこと自体が成長の証”という捉え方が大切だと感じます。

子供の成長=好奇心=親のどきどきはらはら

「子供の成長=好奇心=親のどきどきはらはら」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

子供の成長は好奇心そのものであり、そしてそれは親のどきどきはらはらの感情につながります。

私たちも昔はこどもだったのですが、いまは忘れてしまっている感情。こどもはより“外界へ”と好奇心をふくらませ、感情と心と知能を成長させていき、それが周囲への好奇心となって表現されているのだと本で読んでから、私はずっと気が楽になりました。

子供の成長は親へおあつらえのように現れることは決してありません。親にとっては心配でたまらない形で表出するものですが、何としてでもほめるポイントを見つけてあげることにしています。