子供はけんかをするもの!けんかなくして成長なし

「子供はけんかをするもの!けんかなくして成長なし」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

子供が楽しそうに遊んでいる姿、ともだちと仲良くしている姿は可愛らしく、見守っていて微笑ましく成長が感じられ親としてうれしいものです。

しかしさきほどまで和やかだった雰囲気が一転…泣き声や大声が聞こえ、そばに行ってみると子供同士がけんか、どっちも一歩も譲らずムードは最悪、親同士も気まずくなってしまうことも。

けんか=自我と自我のぶつかり合いです。

けんかをするということは自我が芽生え、その芽生えた自我が固まっていく過程で避けられない通過儀礼のひとつです。

けんかをしない、けんかができない方がむしろ問題、子供の遊びの場にけんかはつきものと覚悟しておくだけでゆったり対応できます。

実は禁句「けんかしちゃダメ!」ではなんて言えばいいの?

「実は禁句「けんかしちゃダメ!」ではなんて言えばいいの?」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

では、けんかになってしまったら親はどうすればいいのでしょうか?

つい言ってしまいがちなのが「けんかしちゃダメ」「仲良く遊びなさい」という一言。
誰もが1度はとっさに口をついて出た経験があるのでは?

子供自身はけんかをしているという自覚がないので「ダメ!」といわれても「?」状態、思い通りにならないいらだちと急に叱られた混乱や恥ずかしさで、ますますぐずり収集がつかなくなってしまいます。

けんかそのものではなく、問題はけんかの原因(おもちゃをとった、順番を抜かした、など)です。「どうしたの?」とまずは優しく聞いてあげる、ルールを理解させる、そのうえで自発的に仲直りできるよう誘導できればベストです。

よいけんか、わるいけんかの見分け方&対処法。

「よいけんか、わるいけんかの見分け方&対処法」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

子供同士のけんかには「よいけんか」と「悪いけんか」があります。

原因は何であれ感情がコントロールできず手を出した(出された)、大勢でひとりを責める、無視するといったことは明らかに「わるいこと」で、大人社会でもタブーです。

子供同士のけんかにおとなの仲裁は基本不要ですが、そういった場面を目撃したら厳しく叱るのも親の役目です。逆にその場では人目を気にして穏便に済ませ、あとから「あれはダメでしょ」と叱っても無意味です。

その場で厳しく言いきかせ、じぶんの子供が悪いことをした場合にはちゃんと謝らせる、逆にされた場合にはどう感じたかをじっくり聞き、同じことをしないよう言いきかせましょう。