1つ!お昼寝は15時まで。それ以降は寝かせない

「1つ!お昼寝は15時まで。それ以降は寝かせない」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

長男はよく眠る子。長女はあまり寝ない子。対照的な2人を育てていますが、2人に共通して言えたことは「午後のお昼寝は15時まで」です。

長男が1才の頃、夜の睡眠(21時から翌朝9時)の他に、平均して1日5時間眠っていました。

一方、現在1才の長女は、夜の睡眠(21時から翌朝7時)の他に長くても(それも時々)2時間の昼寝です。

そんな対照的な2人ですが、「これは夜が長くなる」と覚悟を決めさせられる瞬間で、共通して言えるのが15時以降に眠り始めた時です。長男が1才だった頃は、第一子ということもあり、長い夜にも付き合えましたが、長女の場合はそうはいきません。何が何でも15時以降は寝かせない。それが秒速で寝かしつける鉄板ルール1つ目です。

2つ!体をめいっぱい動かして。体力の貯金を使い果たす

「2つ!体をめいっぱい動かして。体力の貯金を使い果たす」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

1つ目の鉄板ルールを守っても「あぁ・・・これは必勝パターンに乗り損ねたかも。」と感じる瞬間は、体を動かし足りなかった日です。

現在、長男は年少組みで幼稚園へ通わせていますが、朝7時に起床→登園をして、14時に帰宅してからは、たいてい毎日お散歩へ行くか、あるいは公園で17時頃まで遊ばせています。この日課をこなさないと、秒速寝かしつけはできません。

長女に関しても、どんなに部屋を暗くして、落ち着かせて、寝る体制に入っても、布団の中でかさこそと動き回り、「明日はなにする?」とお話大会が始まります。子供の体力の貯金を使い果たす。ある意味、これが鉄板ルールの要とも言えます。

3つ!眠る体制を作り「あ!寝る時間だ!」を意識させる。

「3つ!眠る体制を作り「あ!寝る時間だ!」を意識させる。」子供のしつけの悩み・体験談まとめ

私が一日の終わりを感じる瞬間は、この最後の眠る体制を作っているときです。

我が家では、眠る前に絵本を読む習慣をつけています。問題なのは、その冊数。多い時では15冊近く読むこともあります。少ないときでは3冊。我ながら差がすごいですね。

朝の7時に起きて、休み無く子供のことで走りまわり、帰宅後は公園遊び。公園遊びが終了すれば今度はお風呂に夕飯。絵本の時間まで来る・・・私自身ヘトヘトです。

ですが、この絵本の時間が、不思議と私も子供も「あぁ。今日はもう終わりなんだ。」と感じさせてくれます。そして最後の一冊を読んでから「さぁ!寝るぞ!目をつぶれ!」で電気を消すと、5秒後には子供達はすやすやと眠っています。

秒速で寝かしつけ必勝パターン。これを自分で作れれば、寝かしつけも簡単です。