Q.はじめての出産、楽しみな反面、不安もありますよね。出産ってどんなイメージでしたか?

陣痛の痛みや辛さを表現する時に「男性に出産の痛みを与えたら死んじゃうかも」という話を聴いたことがあったので、出産前は本当に心配でした。
想像しても仕方がないので楽しいイメージをして、「赤ちゃんに早く逢いたいな」と考えながら過ごしていました。

Q.妊娠が判明したときのエピソードを教えてください。

妊娠がわかった時には嬉しいよりもちょっと不安で、大丈夫かなっていう気持ちが強かったです。安定期に入るまでは、もう本当にドキドキで、大丈夫かな、大丈夫かな、という心境でした。

Q.バースプランは考えていましたか?

出産には旦那さんにも立ち会って欲しかったので、父親教室、母親教室など、とにかく全部一緒に行ってもらいました。
出産時の呼吸法やマッサージも全部旦那さんにも覚えてもらいました。

旦那様は消防士さんとの事ですもんね、呼吸法なんてお手のものですよね!?

そうそう!そうなんです!(笑)
立会いは旦那さんも望んでいたし、平日もお休みだったので出産に備えて色々と一緒に勉強しました。

Q.安産のために何かしましたか?

安産のために何かしましたか?

安産のために雑巾がけをしました。
本当はいっぱい歩くよう指導されていたのですが、私が歩くのが嫌いだったのでその代わりに何かやろうと思い、他の方法を探して色々頑張っていました。あと「安産に良いお茶」を貰ったので飲んだりもしていました。

Q.旦那様のサポートはありましたか?またどんなサポートが嬉しかったですか?

今が妊娠何週目っていうのを旦那さんもちゃんと把握してくれていた事が嬉しかったですね、
エコーの写真も一緒に見たり♪だんだん大きくなってくるお腹をビデオや写真で残してくれたりしました。その中でも出産の時に立ち会ってくれた事が一番嬉しかったです。

Q.産院はどのようにして選びましたか?

価格の「安さ」と「近さ」で。(笑)
市立の病院で総合病院だったのと、良い先生も居るよって聴いていたので、そういうので選びました。
3人目の時は引越しした後で選択肢も少なかったのです。やはり家からの近さとその産院で産んだ人の話を聴いて選びました。

Q.悪阻はありましたか?

とてもありました!!3回とも悪阻で激やせしました。
妊娠しているのに妊娠前のベスト体重よりもガンと落ちて、軽すぎてお風呂で浮きました。本当にひどかったです。

悪阻で食べられなくてですか?

はい、気持ち悪くて食べられなくて体重がどんどん落ちていくという感じでした。

悪阻の時にはどのようにして過ごしましたか?

全然食べられなかったのですが、ふいに「食べたいな」、「飲みたいな」って思える時に、「あ、今リンゴが食べられそう」、「お豆腐が食べられそう」となるんです。
旦那さんに即「買ってきて!」とお願いして買ってきて貰いました。あとは、ひたすら寝ていました。

寝ていると平気だったんですね

食べてないから力が出ないので寝てばかりいました。
あと匂いに敏感になっていました。
冷蔵庫を開けただけなのに別の部屋に居るのにその匂いが漂ってきて、それで気持ちが悪くなったりしていました。
鼻の良く利く「犬!?」って言う位の嗅覚になってました。(笑)

よくご飯が炊ける匂いとかダメっていいますもんね

そうです、もう絶対にダメでした。
スーパーに行ったら揚げ物の匂いとか、お惣菜の匂いとかもダメでした。
おまけに上の子供が給食を食べて学校から帰って来るのですが、その食べ物のにおいも感じて気持ち悪くなる程でした。。。「ごめん、お母さんの近くに来ないでー!」とか言っていました。本当に匂いがきつかったですねー。

Q.マタニティライフを楽しむコツを教えてください。

マタニティライフを楽しむコツを教えてください。

同じ出産時期のお友達を作る事、それで一緒に美味しいものを食べに行ったり、おしゃべりして情報交換したりとかですね

妊娠時期のお友達について教えてください

そうですね。長男の妊娠の時は、たまたま仲良かった子が同じ時期に妊娠していたので、情報交換をよくしていました。とにかく妊娠月齢が近いお友達と仲良くなる事が大事かなぁ。
あとはなんでも旦那さんと共有する事が大切だと思います。

Q.産院から食事などの制限はありましたか?

なかったですね、貧血だったから食事で頑張って栄養を摂るようにして下さいって言われました。鉄分になるレバーとかプルーンを食べたりしていたけど、それでもやっぱり足りなくて同時進行でずっと鉄剤を出されていました。

Q.母乳マッサージなどはされましたか?

長男の入院中に1回やってもらったけど、子供が吸えば出るって感じだったのでそれ以降はしなかったです。比較的母乳が出やすかったみたいです。

Q.妊娠中の電車移動などは、周囲の反応ってかわりましたか?

若い男の子が一番優しかったかな。
おばちゃんが一番きつい。(笑)
譲ってくれないし、邪魔的な空気を出されたり。
あと、おじさんも優しかったな。比較的男性の方が優しいなーというのを感じました。

Q.出産前にしておいて良かったことはありましたか?

初めての出産だったら最後の夫婦2人の旅行をしておいた方が良いと思います。
うちは熱海の温泉に行きました。
温泉には入れなかったけど行って良かったです。
あとはお腹の大きい写真やビデオなどの記録を撮っておくと良いと思います。「ここに居たんだよー」って子供に見せてあげられるのも今となっては良かったなーと。

Q.妊娠して、自分自身の心境の変化は有りますか?

出産前は自分が中心だったのですが、出産後は全て子供中心になったことですね。子供のためには自分が犠牲になっても大丈夫になりました。あと親になった責任感が出ました。

Q.妊娠したことで周囲の協力を得たことはありますか?

周りの人達から守ってもらっているなって感じました。
家族、ご近所、知り合いの人、地域の方々に守られていました。

Q.どんな子供に育ってほしいですか?

人の為に尽くせる、優しくて強い子に育って欲しいです。

Q.塾や小学校受験はいつごろから考えましたか?

長男が幼稚園年長の5月ごろです。
主人の姉が、自分の子供を入学させたいと言っている私立小学校のオープンキャンパスに、私の子供も同じ歳だし一緒に行こうよ!と誘われたのがきっかけです。
「どんな学校なのかな」なんて付いていっただけなのですが、長男が「僕はここに入る!」と言い出して・・・。キャンパスも綺麗だし、お兄さんお姉さんも優しいのがよかったみたいです。
「おいおい本当に!?」となったのですが、それ以降、その学校で先生をしていた人に受験対策を聴いたり、自宅でドリルなどをしたりと、受験対策をしました。はれて希望の私立小学校に入学しました。

塾は行かなかったんですか?

長男は行かず、次男は行かせました。
長男の時は塾の体験とか模擬試験とかは行ったんです。本人も楽しいから行きたいと言っていたのですが、塾の費用が高くてダメだと思ってやめました。
長男は自分でどんどん頑張れるタイプでしたが、次男は同じ学校に行きたいとは言いながらも自分だけでは勉強しないし、行動が伴わないタイプだったので「やらせる場」に行かなきゃ駄目だなと思って、その小学校の受験対策がある塾に6月から5か月間通って受験し、入学しました。

不安を抱えた、今後出産を迎える妊婦さんに向けてメッセージをください!

不安を抱えた、今後出産を迎える妊婦さんに向けてメッセージをください!

出産は最高の経験だと思います。女に産まれて良かったと、感じる瞬間でもあります。
出産・育児と初めての経験ばかりで、不安になる事もあると思うけど楽しみに過ごして欲しいなと思います。

インタビューを終えて

消防士さんで野球もしている、頼もしいご主人はみかさんの出産や子育てのサポートを上手にされているなと感じました。
普段から地域に貢献していたり、周りからの信頼も厚く、上2人が年子の男の子を3人育てているのにとても穏やかに素敵な子育てをされているなと尊敬できるインタビューをさせていただきました。