Q.お子さんを出産して変わったことはありますか?

そうですね~。
できないこととか、ちゃんと「NO」といえるようになったことですかね。
頼まれごとをしたとき、子どもが生まれる前までは徹夜してでも引き受けてしまい、頑張ってしまっていたのですが、出産してからは子供中心の考えにシフトしました。
子供のために優先順位をつけて、断るれることは断ったりと、無理なく生活するようになりました。

Q.産後の身体の変化などはありましたか?

妊娠中と産後・授乳後と同じ量を食べてしまい・・・困りました(笑)
代謝が悪くなるんですよね、きっと。

そんな時はどう解決されてますか?

運動などをしようと心がけています。
海外だと、ベビーシッターさんが手軽にあるのでベビーシッターさんに預けて自分はジムに行くというスタイルのママさんが多いですよね~。

海外ではベビーシッターを利用しているのは普通なんですか?

そうですよ~。ティーンの子の最初のお仕事ですよね~♪

料金や内容は各家庭の考え方やその時のベビーシッターさんによっても違いますよね。保育内容もただ見守るだけの場合もありますし、プランを指定して決められたスケジュールをこなす場合もあります。
なので、まずは事前にどんな形式でお願いするかなど、ベビーシッターさんと交渉しますね。

海外では近所の知り合いとかで気軽にベビーシッターさんを頼めるので、助かりますよね♪夫婦の時間を大切に考える方も多いので、ベビーシッターさんに預けてレストランで食事したり映画を見たりと、日常的にリフレッシュされていることが多いみたいですよ。

Q.お子さんの夜泣きなどはどうでしたか?

お子さんの夜泣きなどはどうでしたか?【インタビュー】

結構ひどかったですね。
どうしたらいいか色々考えたり本を見て調べましたね。夜泣きするお子さんは、夢の途中で寝ぼけていることが多いみたいで、いったん電気をつけて(目を覚まし)安心させてから寝かせるようにするといいみたいで、それを私も実践しました。
寝つきが悪い場合も多いのですが、抱っこなどして安心するとすんなりと寝てくれることも多いんですよ~。

母に息子の夜泣きについて相談したら自分も夜泣きがひどかったみたいで・・・
親子で似るんですかね~。

なにか対策とかはありますか?

海外だと0歳ぐらいから親と子供を別室で寝かせることが多いんですよね。
小さいうちから別室で寝るのが当たり前にすると自然に「そんなものかな」という感じで子供も理解してくれるようですよ~♪
どっちにしても泣くので、海外では合理的なやり方で割り切っている方も多いみたいですね。

Q.トイレトレーニングでおすすめとかはありますか?

トイレトレーニングでおすすめとかはありますか?【インタビュー】

「N.アズリン」っていう方の本(”Toilet Training in Less Than a Day”邦題は「一日でおむつがはずせる」のようです。)がいいって聞いたことがありますよ。
もうすでに絶版になっているかもしれないのですが、図書館とかで借りれるかな?
子供と向き合い、独自の方法で短期間でオムツが外れるようになる方法があるみたいで。
早く知りたかったですよ~。私は表を作ってすごろくのような形でトイレでおしっこ、うんちが出来たらシールを貼るようにしていました。ゲーム感覚で楽しいですよね。
最近はだいぶ我慢ができるようになったのですが、その分ギリギリまで「トイレ!」を言わないので(笑)トイレに行くときは大急ぎで大変ですね。
ただ、朝など出なくてもトイレに行く習慣をつけるようにしています。
あと夜はなかなか難しいですよね~。
寒くなると習慣のトイレがオムツに戻るって聞きますし…。

Q.お子さんの習い事などはされていますか?

2歳ぐらいまで幼児教室に通っていました。

月々の月謝はどのくらいですか?

結構有名な教室だったので月々15,000円ぐらいかかっていました。
ただ、親子で通える幼児教室だったので、内向的なお母さんにはお勧めかも。
発言する場もあるので、自然とママ友ができたり、ちょうど私の時は同じぐらいの月齢の子は男の子が多くて、子供もたくさんお友達ができましたよ。
リフレッシュしたいママとかは子供だけ預けられる教室を探す人もいるみたいですね。1時間でも自分の時間が確保できるっていいですもんね。

Q.ママ友とのお付き合いはどうですか?

ママ友とのお付き合いはどうですか?【インタビュー】

子供が共通でできるお友達なので、生活感や環境、年齢なども違ってくるので、子供以外の話は相手からされるまでしないようにしています。
ただ、子供の質問はお互いによくしていますよ~。
子育てで参考になることはたくさんあるので助かりますよね!
ノウハウを聞けたり、ランチ会や子供のお誕生日会など楽しいですよね!

Q.育児や家事をご主人と分担されていますか?

気が付いたほうがするようにしていますね。
「何をやっていいかわからない」というパパも多いと思いますね~。
なので「これをやってほしい」とかはっきりわかりやすく伝えることにしています

育児についてはご主人もかかわってくれますか?

そうですね、公共の児童館など休日でもいろいろなイベントを開催してくれているところもあったり、パパの会やパパが積極的に参加できるプログラムが多いので、まず、家族で参加してみて、慣れてきたらパパと子供で参加するっていうケースが多いですね。

今は「イクメン」を意識しているパパが多いみたいで、パパの会とか親子ストレッチなどに参加することで自然とかかわってくれることができてよかったです。
突然行くと緊張してしまいますが、普段から家族で参加しているとパパも慣れてくいるので、私が忙しいときなどは子供を連れてそのような場に参加してくれるのでとても助かりますね。

Q.夫婦の時間をつくっていますか?

夫婦の時間をつくっていますか?【インタビュー】

記念日などは母に子供を預けてレストランに行ったりしますね。
海外などはベビーシッターさんに手軽に頼めるのですが、日本ではなかなかそうはいかないので、結婚してから住む場所は自分の実家の近くがいいな、って思います。
日本もベビーシッターさんが手軽に頼める環境だといいですよね~。

インタビューを終えて

海外と日本では違いがありますが、今は日本のパパも「イクメン」パパが多いのだな、と感心しました。
そして、習い事も、子供だけではなく、親子で楽しめたり、ママのケアもできるってすごいですよね。
公共の施設も上手に利用したり、子育て初めてママにはうれしい情報だったと思います♪