Q. 卒業は別れの季節でもあり次に進むステップでもありますが、卒業後はどんな子に育って欲しいですか?

夢に向かって!…と言いたいところですが、授業料を無駄にしないように勉強や資格取得に励んで欲しいです。
デザイン関係の学校に進学するのでどんな資格があるのか未知なのですが。

Q. 卒業は小学校・中学校と経験され、今回は高校と言うことで何か変化はありましたか?

小学校の時の卒業式が一番泣けましたが、気持ちの面では高校の卒業が実は一番感慨深いものがありました。

Q. 春から進学されるそうですが、受験の対策はどのようにしていましたか?

受験の対策はどのようにしていましたか?【インタビュー】

何もしていませんでしたので勉強の面では後悔しかないです…。高校3年生になってから興味を示す職業が突然変わってしまい、進路も急遽考え直すという状況になってしまいましたが、やりたくない事を押し付けたくなかったので、こればかりは仕方ないと思っています。

Q. 子供の卒業と共に親にも何か変化する事はありますか?

学校にいる時は先生が保護者の代わりとして子供達を見ていてくださっていましたが、これからは本人がしっかりとした行動と意識を持っていかなければならない分、親の精神的負担が増える気がします…。就職でしたら私立高校の高い学費から逃れられる喜びがありますが進学なのでこれからますます圧迫します(笑)。

Q. 子供の手が離れたらこれをやろう!と思っていた事はありますか?

私は子育て中でもわりと好きな事をやり続けてきたので、特に改めて思う事はありません。
結婚する前にうちの両親が、主人に「この子はやると決めたら誰に何を言われようとやる子なのでそれを覚えておいて下さい」みたいな事を言っていたと思います(笑)

Q. 成長して子離れしていく子供達への親からの愛情表現はどのようにしていましたか?

成長して子離れしていく子供達への親からの愛情表現はどのようにしていましたか?【インタビュー】

思春期なので、ベタベタし過ぎて嫌われないようにはしてますが、どうしてもちょっかいを出したい時は遠慮なくギューって抱きついたり外でデートしたりしてます。
言葉で表現するのも恥ずかしいので、日曜だけ仕事が休みで早く寝られたので月曜日に愛情の塊達だと思ってキャラ弁を一生懸命に作っていました、それを娘のお友達がいつもSNSに投稿してくれていたようです。

Q. 幼少の時、小学校、高校と、だんだん親の手が離れていきますが、その時の子供との接し方の変化はどんな感じでしたか?例えば小学校ぐらいまでは授業参観や学校行事に多く関わりますが高校生はどうでしたか?

小学校ぐらいまでは授業参観や学校行事に多く関わりますが高校生はどうでしたか? 【インタビュー】

長女は高校生の時はもちろん、中学生になってからはもう既に「授業参観には来ないで」と言うタイプだったので、お言葉に甘えて行かなくなりました。でも、長男は中学生になっても来て欲しがるタイプなので今でも毎回きちんと出席してます、男の子の方が甘えん坊ですよね。

Q. 子離れ、親離れについてどのような考えを持っていますか?

過保護は良くないですが、無理に子離れする必要もないかなーと思います。
幾つになっても子は子、心配事は常に絶えませんので、程よい危機感を持って後ろで見守っていればいいと思います。

Q. 小さい頃にもっとこんな事をしてあげてれば良かったな、と今になって思う事などがあれば教えて下さい。

 小さい頃にもっとこんな事をしてあげてれば良かったな、と今になって思う事などがあれば教えて下さい。【インタビュー】

私は仕事が忙しかったので、10年近く夜ごはんを作るのはずっと主人の担当でした。
そして今更ですが、仕事を変えて私が家に居るようになって主人が食事を作ってるのを見て、栄養面のバランスがきちんと摂れてたのか心配になりました(涙)
それから、自主的に勉強する“習慣”と“規則正しい生活”は、小さい頃から身に付けさせるべきだったなと後悔してます。小学校高学年になってからやれと言っても遅いなと思いました。

Q. 小さい頃からこれを続けていて良かったと思うものはありますか?

「早寝早起き」をさせる習慣ですね!授乳中とかの不規則な年齢を越えてすぐ位から、今でも夜9時、下手したら8時に寝てる時もあります、それで早朝6時位には起きています、朝ごはんをゆっくり食べたいから早起きしてるみたいです。

Q. こんな記録を付けておいたら良かったなと思うものはありますか?

成人式などに渡せる様に、産まれた日からの簡単な日記を書いておけば良かったかなーって思った事がありました。同居していた私の祖母が母が産気づいた時からの私の日記をずっと付けていてくれて、東京に上京した時に送られてきて、すごく感動して号泣した記憶があります。
写真についてはお誕生日の写真を小さい頃だけでなく、恥ずかしがってだんだん撮らせてくれなくなっても毎年残しておけば良かったです。

Q. 思春期の反抗期などはありましたか?どのように対処していましたか?

思春期の反抗期などはありましたか?どのように対処していましたか?【インタビュー】

成長の過程として仕方がないと割り切り接しています。ただ、言葉遣いが悪かったり無視できない部分は躊躇せず雷を落とします!舐められない様に“優しいママ”と“怒ると怖いママ”のメリハリをつけることが大事です。

エピソードなど覚えていたら教えて下さい

小学6年生になった息子の卒業間際の日、小さい頃は姉に作っていたキャラ弁を見ては「いいなぁ」と言っていたのに、高校生の姉と同じ「リラックマ」のおいなりさんのお弁当を一生懸命作っていたら、それを見て「俺そんなの持ってかねーから!」と、仕方ないのでせっかく付けた顔のパーツを外して普通のおいなりさんに戻しました(涙)、もう大人になったんだなぁーと思いましたね。
性格の違いもあるんですかね、長男は周りと同じがいいみたいで、今も休みの部活の日などもコンビニで買うからいいと言って手作りのお弁当はいらないと言われます、長女は手作りが良くて冷凍食品など使うとすぐにバレます。

高校を卒業した娘さんにメッセージを!

あなたくらいの時に、ママのお腹にはもうあなたが宿ってました。
ママがひとつだけ手に入れられなかったことは「勉強する時間」です、若いうちに沢山勉強して意味のある学生生活を送ってください。

これから出産されるママや、育児に頑張っているママに応援メッセージを下さい!

これから出産されるママや、育児に頑張っているママに応援メッセージを下さい! 【インタビュー】

私は長女の夜泣きやグズリに悩んでいた時「子供は泣くのが仕事だ」と母から教えられ少し 肩の力が抜けました。妊娠も出産も子育ても、1人で悩まず家族やお友達など周りに協力して もらって、自分自身の心のゆとりを見つける事が第一歩だと思います。
何事もプラスに考えると自然と良い結果が生まれますよ?小さい頃の子育ては正直大変な事ば かりですが、小学生、中学生…と大きくなるにつれて大変さも楽しめるようになります。子供 から教わることも沢山ありますので、成長を楽しみましょう!

インタビューを終えて

19歳という若さで出産して色々と大変な事もあったと思いますが、様々な経験をいつも前向きに乗り越えてきたであろう母として女性として人としての強さを感じました、子供が大きくなり自立していくまでの親の生き方ってとても大切で見習いたいと思う所が満載の貴重で素敵なインタビューでした、どうも有り難うございました。