Q. 妊娠時、体調面で厳しかったことはありましたか?

妊娠時、体調面で厳しかったことはありましたか?

1人目の時は私も9ヶ月まで化粧品販売の仕事をしてたので、化粧品の匂いで気持ち悪くなったり、電車での通勤で車内の匂いなどが一番がきつかったかな。

Q. つわり中は、色々なものが食べられなくなると聞きましたが、つわり中は、どんな料理を作ったり、食べていましたか?

つわり中は、色々なものが食べられなくなると聞きましたが、つわり中は、どんな料理を作ったり、食べていましたか?

匂いに敏感になるので、ごはんを作れなくてレトルトにしたら、レトルト独特の匂いっていうのがすごくあって・・・。作ってる最中やごはんの炊ける匂いに気持ち悪くなってしまい、結構苦労しました。
柑橘系フルーツやフルーツはいくつか食べれましたが、でも食べ続けると気持ち悪くなってしまうので、いろんなものをちょっとずつつまむぐらいでしたね。
お腹が空かないぐらいの感覚でちょっとずつちょっとずつ・・・。仕事してるとそうもいかないからそれがちょっときつかったですね。

どのように対処したら楽になった等ありますか?

・・・やっぱり「気持ち」かなと思います。紛らわして紛らわして・・・と行動していると気づいたら意外と大丈夫になってたりするので、あんまり考え込まないほうがいいと思います。

閉じこもったり、つわりがひどいから寝よう、休もうって思うと、逆に辛くなったので外に出たほうが楽かなぁって気づきましたね。

Q. 妊娠中期になると、マタニティヨガや、スイミングなどをされる方がいますが、なにか運動はされましたか?

なるべく歩くようにはしてましたね。1人目の時は仕事してたというのもあって、自分のために歩くっていう感じではなかったのですが、通勤とか仕事中も結構身体動かしてしました。2人目3人目は上の子がいるから、公園に連れていく時や買い物に行くのになるべく歩こうと心がけていました。

Q. 体形が変わってくるにつれて、マタニティウェアを買いましたか?ここのブランドのこれが役にたったなど、着る物でおすすめがあれば教えてください。

体形が変わってくるにつれて、マタニティウェアを買いましたか?ここのブランドのこれが役にたったなど、着る物でおすすめがあれば教えてください。

お腹がどのくらい大きくなるか想像つかなかったので、「赤ちゃん本舗」などの量販店でとりあえずマタニティ用ズボンとか買って、3人目の時にはズボンやデニムの伸びるものとか、普通のパンツにつけるアジャスターみたいなものを買ってみたりしました。
トップスが臨月に入ってからは大きいお腹に合う服なんてないので困りましたね。

今はマタニティ用のかわいい服がいっぱいありますよね。1人目の時は全然かわいいのがありませんでした。スキニーとか無かったんですよ。3人目妊娠して見に行くとすごくかわいい服がいっぱいあったりして、すごくおしゃれだなと思いました。

Q. 初めての出産が怖いと思う方もいますが、ナガミさんはどうでしたか?

初めての出産が怖いと思う方もいますが、ナガミさんはどうでしたか?

1人目の時はすごく怖かったです!陣痛がどんなかもわからないし、産むときどうしたらいいの?というのがあったし、怖いし不安だし、どうしよう~!としか思ってなかったです。
里帰りしたのもあって自分の親がずっとそばにいてくれたので、母は偉大だなってすごく思いました。陣痛がきたら主人も立ち会ってくれたのですが、「陣痛がきたら、ここをこうさすってあげるんだよ」などと言っていて、ほんと~?なんて思ったんですが、言われた通りに主人がやると本当に楽になって、母はすごいなぁと思いました。
母がいたから不安な気持ちも、大丈夫、大丈夫みたいな感じで思えたかな。

Q. 出産に向けて、安産のために何かされましたか?

ネットなどで調べて安産体操をやっていました。3人目の時ものすごく腰が・・・お尻から腰にかけてすっごく痛くなってしまい、それを和らげる体操を調べて家で1人でやっていました。

Q. どのように分娩先(産院)を選びましたか?その分娩先を選んだ理由はなぜですか?

3人とも里帰り出産をしました。病院はそんなに多くなく、総合病院か個人(病院)、助産師さんがいる病院かで悩み、個人病院での出産を決意しました。総合病院だと出産で何かあった時に色々診てもらえたりするので迷いましたが、環境もよく総合病院も近いという事から個人病院に決めました。
また、早く予約しないとすぐ埋まってしまうので、妊娠が分かったら予約だけするために帰省したりしました。

Q. 出産を通して、ナガミさんの中で、内面的に変わったことは、ありますか?

守るものができ、実際に産まれると、「お母さんなんだな」っていう気持ちはすごく出て、そこから自分の体調なども気を付けないとおっぱいあげられなくなってしまうとか、そういうのはすごく思うようになりましたね。
今まではずっと一人でも大丈夫だと思って、ケガしても自分が痛いだけなんて思ってましたが、それが自分だけじゃなくなる。私が動けなかったらこの子はどうなるんだろう、自分だけじゃないなぁ、ケガしないように、とにかく無理をしないようにと思うようになりました。体調管理はすごく大事だなぁと思いますね。

Q. 妊娠中にしておけば良かったことがありましたら教えてください。

妊娠中に、出来るなら旅行に行っておけばよかったなと思います。
子供が産まれると行動範囲も狭くなるし、一日中は出かけられない。ベビーベットも里帰りから帰ってきてからでいいやと思ってたんですが、帰ってきてからではとてもじゃないけど買いに行けなかったです。ましてや旅行なんてもってのほかです。荷物どれだけ増えるんだろうとか。
妊娠中にやれることはいっぱいあったなって思いましたね。

Q. 子供がいて良かった、と思う事を教えてください。

子供がいて良かった、と思う事を教えてください

結婚せずに独身だったら生きてはいるけど、ここまでの毎日の充実感やこんなに自分が必要とされてるってやっぱり子供がいないと感じられません。仕事をしてたら必要とされることがありますが、それとはやっぱり別ですよね。
自分の存在は子供がいるからこそかなと思います。

Q. ご家族との生活の中で、大事にされていること・心がけていることはありますか?

楽しい時間よりは、ちゃんとしなさい、あれしなさいと言ってることのほうがはるかに多いんですよね。ひたすらずっと怒り続ける日もあるんですが、でも寝る前やご飯食べてるときはちゃんと会話しよう、目を見て話をする、というのを心がけてます。

Q. 不安を抱えた、今後出産を迎える妊婦さんに向けてメッセージをください!

不安を抱えた、今後出産を迎える妊婦さんに向けてメッセージをください!

悩む事もあると思うし、不安になったりすると思いますが、考えずにまずなにか行動するのが大事かなと思います。

悩んで不安になって、気分が落ちるのであれば、「不安なんだよね」って旦那さんに話してみたり、自分でポジティブにもっていったほうが楽になると思います。
ポジティブになれない時や本当にうまくいかない時は思いっきり泣くのも一つですよね。
感情を出すのはすごく大事ですね。

お母さんとしての心構えが本当に素敵ですね!

子供に育てられたって本当に思うんですよ!
自分も子供だったし、お母さんだよ~って待ち構えてたってよりも、「一緒にがんばろうね~!」ぐらいの感じでした。
お母さんにしてもらった感がすごくあります。

インタビューを終えて

これから出産・育児を迎える妊婦さんにとって、不安はたくさんありますよね。ナガミさんのお話は、『出産は何とかなる!赤ちゃんと一緒にがんばればいいんだ』という前向きな気持ちになれるようなインタビューでした。
妊娠中・産まれてからの様々な事を聞いて、楽しみながら子供と一緒に成長できるって素敵だなと思いました。